ゲキレンジャーでED18-180mm   

a0003746_1875087.jpg

a0003746_188569.jpg

オリンパスE-1 + ズイコーデジタル ED 18-180mm F3.5-6.3

非常に強い風が吹いていますが、そのおかげで真っ青な空。
芝や木々が青々と茂り、住宅用素材を撮るには最適な日ですが今日はゲキレンジャーショーを見に大泉へ。
ショーを見て(2回も)サインもらって上の子は大満足。

最近ほとんど使っていないズイコーデジタルED18-180mmF3.5-6.3(35mm換算で36mm~360mm)ですが、これで広角が28mmからだったらと思うこと多々有り。
そんなこともあって稼働率が極めて低いのです。

動作音が所有しているズイコーデジタルと比べ異なる音色。やや高めな音。
スタンダードクラスのレンズですが、ピントリングはゴムローレット。ピント・ズームリングの操作感やレンズ外観は距離窓が無いくらいでハイグレードクラスと違いはありません。
ズームロック機構がありますが、ロックしなくても勝手に伸びることなく、使い勝手は悪くありません。

使うときは幼稚園の行事や、今回のようにレンズ一本で望超遠もカバーしたいときなどに使うだけです。
率直Wズームを購入した後購入するレンズとは思えず、またこのレンズ一本だけで使うには広角が弱くと、システムに組み合わせにくい点があり、このレンズも早々ディスコンされそうな気もします。

このレンズと最も組み合わせの良いレンズといえば11-22mm。
なんと言うか、システムとして組み合わせにくいレンズ同士だと、組み合わせが良いという皮肉。

やはり高倍率ズームは便利です。
今後、14-42mmといった小梅のように、小型軽量の高倍率ズームで、当然広角は28mmから始まるレンズの登場を待ちたいです。
[PR]

by alpha7d | 2007-05-20 18:09 | オリンパス E-1

<< シランはエイリアン DELLノート意外と良いですな >>