タグ:50mmF1.4NEW ( 3 ) タグの人気記事   

久々の標準レンズ   

a0003746_218374.jpg

ソニー α100+ミノルタ AF50mm F1.4 NEW

最近のレンズは各収差を押さえ込み、よく写るレンズが多くなってきました。ただボケ描写に対しては最新レンズであってもクセが強いものもあり、数値化されない部分の出来不出来は昔とそう変わりませんね。

そんな優秀レンズばかりの世界で育ったユーザーからすれば、収差の残るレンズなんて糞レンズになってしまいますが、出来の良い無味無臭なレンズよりも少々個性の有るレンズの方が撮っていて楽しい場合もあります。
そのレンズが持ち合わせる個性を知ることで、その被写体の持つ魅力を更に引き立たせ、自分好みの絵に仕上げれらたりします。

このミノルタAF50mmF1.4NEWは、α100を使い絞り開放付近で撮ると少々眠い印象の写真になってしまいます(上の写真だと小さいので分かりづらいのですが)。ただ絞ればシャキッと鮮明な像を結んでくれます。
よく、絞り開放で使うなんて考えられないという文言を見るにつけ、少々もったいないなと思ったりするのです。

このレンズを使った絞り開放付近の好きな撮り方として、全体的に光を落とし背景が暗い場所で、蓮などのような大きめな花を撮ると、妖艶な雰囲気になり気品高い絵になったりします。
各レンズの個性を生かせる被写体や撮り方が有り、その使い方を模索するのも写真を撮る楽しみですね。
[PR]

by alpha7d | 2007-04-23 21:18 | 今日の一枚・日記

50mmF1.4で撮った蓮の花   

a0003746_17232028.jpg

a0003746_17234216.jpg

a0003746_17235436.jpg

ソニー α100AF 50mmF1.4NEW

a0003746_17193689.jpg今日撮影に使用したのは50mmF1.4レンズです。
ちなみに上がF1.4の開放撮り。中と下がF2.2です。
α100を使えば、7年前に買ったミノルタのレンズが、買い換えることなく手ぶれ補正になるのですから経済的にも優しいですね。


昨日、オリンパスもCCDシフト方式のコンデジを発表しましたが、当然デジタル一眼にも搭載されるでしょう。
松下が手ぶれ補正レンズを発表したとき、もしかして・・・  という考えでしたが昨日の発表を見て一安心しました。
もしオリンパスの手ぶれ補正の方式が光学補正だったらマウント変更に近いダメージです。

ただ万能のCCDシフト方式の欠点はファインダー上で像が安定しないこと。
ならEVFでしょ、という考えが多くなるとは思いますが、やはり一眼レフなら光学ファインダー。
α-7Dやα100を使ってきて一番感じる点としては実際効果が有るのか否か、ファインダー上で実際に確認できるようになれば、今撮ったショットはブレているかもという心配が無くなり、安心感が増します。
撮った後モニタで確認するより、撮る段階で確認できた方が有り難いものです。

次は、光学ファインダーでも手ぶれ補正の効果を確認できるファインダーの登場を期待したいですね。

キッスデジタルペケ。思ったほど凄くはないですな。ホコリ取り機能も当然オリンパスより劣っているし、ソニーもアレとソレを頑張れば射程内だぞい。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-24 17:51 | ソニーα100レポート

ソニーα100初陣   

a0003746_14321717.jpg

とりあえずカメラ屋に行きα100をゲッチュしたその足で蓮の花を撮ってきました。
まぁ畳と嫁さんは新しい方がなんて言いますが、新しいカメラのにおいを嗅ぐのは相当久しぶり。少々興奮しつつ現地へ赴きました。

a0003746_14363864.jpg
上の写真は50mmF1.4NEWを使い撮ってみましたが、アウトフォーカスのボケ方が絶妙なソフトフォーカス風味。えっ!こんな風に写るっけ?という感じです。
それとピントの来ているところはシャープに写し取っています。
ちなみに絞り値はF2.0、ISO100。

と、いうことで今日からα100レポートを始めます。
あくまでも機能の評価・検証ではなく、写真を撮る道具、特に花マクロとしての撮影道具としてオッサン独善の検証・評価です。
と、いうことでα100レポート、スタートです。
[PR]

by alpha7d | 2006-07-20 14:42 | ソニーα100レポート