タグ:100mmF2.8Macro ( 131 ) タグの人気記事   

オッサンにはオッサンの武器がある   

a0003746_183826.jpg
ソニーα700+ソニー100mmF2.8 Macro

オッサンの必殺技はローポジション・ローアングル・広角レンズの組み合わせ。
だがαレンズのラインナップに、オリンパス7-14mmのようなオッサンが使いたくなる超広角ズームレンズはない。

よってE-1+7-14mmという組み合わせになりますが、さすがにα700、α100を経験してしまうと、挙動のまったり感がちょっと疲れます。

だがα軍団だけで出撃してしまうと必殺技が使えない。これはスペシウム光線の使えないウルトラマンになってしまう。

ウルトラマンにスペシウム光線が無ければ、怪獣を倒せる確率は低くなる。
怪獣退治の実績が低ければ成果主義のご時世、ヒーローといえども左遷・リストラの運命にあうのは必死。
成績下降により、3分間しか地球に居られない根性の無いヤツとか、やけに大きく迷惑な無毛野郎と陰口を言われ、必殺仕事人の中村主水みたいに種無しかぼちゃと菅井きんに言われるがごとく人類に罵られるであろう。

そのため春本番を前に広角側の補強が重要になる。
色々悩んだけど、オッサンの心の内はαを主軸にすることに決めた。
つい最近まで超広角~望遠までフォーサーズでカバーし。マクロ撮り、ボケを多用した表現をαでと思っていましたが。

と、いうことで超広角を使いローポジション撮影となればフリーアングル液晶搭載のL10が一番最適。7-14mm+L10をバックに入れてもE-3ほど重くはならない。
α350と超広角ズームも考えたけど、フリーアングル液晶でないし、ボディ・レンズを揃えると70-300mmSSMが買えなくなってしまうのでL10にしました。

さて、諭吉を握りしめたオッサンは某所へ出撃した。
だが地方はやはり値段が高い。
ちょっと勘違いして8万円ほどで今日買えると思ったが11万円だった。
3万円の価格差は、いかんともしがたい。レンズキット並みだ。やはりネット通販に頼るしかないようです。
昨日慌てて買ったSDカードがもの悲しい。店頭にはこのモデルしか置いてなかったので買ったのだがネットで高速のを買えばよかった。

今日撮れると思い久々登場の定番レンズもまた除湿庫へお帰りです。
さて、いつもの店で明日頼みましょう。70-300mmSSMと一緒に
a0003746_14243195.jpg

[PR]

by alpha7d | 2008-03-11 18:05 | 今日の一枚・日記

今日は庭の花を撮りました   

a0003746_15503824.jpg

a0003746_15504962.jpg
ソニーα700+ソニー100mmF2.8 Macro

BlogやWEBコンテンツに掲載している写真に、写真コンテストのように使用機材、F値・シャッタースピード、レタッチの有無など事細かに載っているパターンを多く見かけます。
また、工夫して撮ったと感じる写真のコメント欄に「どのように撮ったのか」という質問が多く見られます。

絞り、シャッター速度、撮影データ、撮影状況、レタッチのやり方等々が載っているのは大変親切だと思のですが、逆に見ている人のイマジネーションを損ねてしまうよなと感じてしまいます。

デジタル一眼レフはコンピュータの周辺機器という捉え方をしている人も見られ、撮影データどおりに撮れば、Excel・Wordの様に同様な結果。すなわち同じ様な写真が撮れるのではないかとう思い込みも散見します。
カメラの設定は、被写体、天気、太陽の位置、様々な要素が絡まる中でAv・Tv・ISO等の設定は決まります。

上の写真は少し花撮りしている人なら簡単に答えが解けます。至極簡単です。
スイセンの周辺がぼけているのは何故か?ポピーの蕾の背景がカラフルなのは何故なのか?

よく写真のステップアップのためEXIFデータを載せるべきだという意見も見受けますが、そこまで親切丁寧にする必要もないだろうと考えます。

まず、写真を上達したいなら、考えることが一番重要です。

この写真はどのような時、場所、天候、そして撮り手はどのように撮ってやろうかと考えているか。想像を巡らせてみれば意外と簡単に答えは見えてきます。
ただ最近はレタッチ要素も加わってくるので、難易度は少々高くなっていますが。

その前に基礎を養うためにも本を読んだり、余裕が有れば写真教室に通った方が良いですね。
よく1冊の本を読むより、100枚シャッターを切った方が良いなんて話もありますが、何事においても基本は重要。
とりあえず「入門」と書いてある本を読んでみて、それから実践を積み重ね、失敗を積み重ねて分かるようになるのだと思います。
何事においても近道というものは無いと思います。

あと、プロの写真ばかりでなくコンテストなどの写真を見ているといろいろなヒントが隠されています。古本屋で一冊100円ほどの雑誌でも購入し写真を多く見ることをおすすめします。
今まで撮り方が分からなかったや、やりたかったことが、一枚の写真がヒントになって今まで分からなかったことが紐解かれるケースがあります。

写真は「撮る楽しみ」と、「見る楽しみ」そして「考える楽しみ」が有ります。
人の写真を見てヒントを得たり、イマジネーションを広げることで撮る糧になります。

現在のカメラはシャッターを切れば簡単に綺麗に撮れる時代になりました。ただピアノのように鍵盤を弾けば音はしますが上手に弾けるとは限りません。写真もシャッターを切れば自分のイメージ通りの写真にはなりません。
撮影データよりも考えることに重きを置くと更に写真が上達し、写真が楽しくなるのではないのかなと思いました。
[PR]

by alpha7d | 2008-03-09 18:08 | ソニー α700

今日の昼飯   

a0003746_17424650.jpg

ソニーα700+ソニー100mmF2.8 Macro

今日は仕事の関係で、鷲宮神社の近くまで行ってきたので、帰りリンガーハットでチャンポンを食べてきました。
1ヶ月に一度はちゃんぽんを食べたくなります。

今までマックコーヒーを飲んだことがなかったので試してみましたが、やはりコーヒーを飲む時は陶器のカップでないとダメですな。
先週スターバックスでコーヒーを飲みましたが、相変わらずの使い捨てコップ。熱いので厚紙というかダンボール状の物が巻かれ、なんだかダンボールコーヒー的な風情。
だから私はドトールで飲むことが多いのです。

実は35歳までコーヒーを飲むことが出来ませんでした。飲むと熱が出るんですよ。
体質が変わったというか、オッサン体質になったのか、今はコーヒー好きで朝、昼、15時と、一日三杯飲むのが日課になってきました。
酒、たばこ、ギャンブル、生臭行為をしないので、数少ない楽しみですね。って言うかカメラ趣味が実は一番金がかかるような気が・・・

さて、物欲がリフレインしていましたが、ようやく答えが出ました。来週からそろそろ本格的な春に向け通帳預金が減る活動に移りたいと思います。

a0003746_17471716.jpg

[PR]

by alpha7d | 2008-03-08 18:06 | ソニー α700

α350発売で液晶モニターを考える   

a0003746_17285427.jpg

a0003746_172936.jpg
ソニーα700+ソニー100mmF2.8 Macro

オッサンの必勝パターンはローアングル・ローポジションでパシャ!という撮り方。
自ずと地面に這いつくばって撮るケースが多くなるので、今日発売されるα350が欲しくなったりするのが人情。

ただ、液晶モニタが上下180度しか動きません。ちなみにE-330は135度。
上の写真を見れば分かるとおり縦位置での撮影が圧倒的に多い花撮りでは上下方向の動きだけでは有難味は半減。

ローポジション&ローアングル&縦位置で撮るとなると、目線を低く下げなければなりません。
光軸上にないからダメだと一部の方に不評のE-3やL10ですが、絶対フリーアングル液晶の方が便利。
クイックAFライブビュー(フルタイムライブビュー)とフリーアングル液晶の組み合わせを是非実現して欲しいなと思ったりする今日この頃です。
[PR]

by alpha7d | 2008-03-07 18:18 | ソニー α700

「三すくみ」な日常。   

a0003746_1819368.jpg

a0003746_18194972.jpg

a0003746_1820255.jpg

ソニーα700
1枚目:ソニー Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
2~3枚目:ソニー 100mm F2.8 Macro

何というかMac、E-3、αのレンズ、何れを買おうか未だ結論が出ない今日この頃。

MacBookを今まで買い控えていたのは、たぶんマルチタッチトラックパッドが採用されると思っていたのですが未採用。買う買うアドレナリンが減少の一途を辿りながらも、裁断機を買い書籍を本格的にPDF化しているので、有った方が良いなと思ったりする。
あとWin軍団の教えてクレクレがウザイので、オラMacだべ攻撃で交わしたい昨今。

今年はもっと写真を撮らねば、PCなんてWinだけで十分だよなと考えたりすると、次のステージに移ります。
やっぱり、ライブビューが有れば便利だよなと思うこと有り。さらにバリアングル液晶なら便利さ楽しさ120%アップだよなとE-3の事を思い出してしまう。レンズシステムは完成しているし。
店頭でE-3を触ってみると俺のために造ったのかごとく手にフィット。コリャオッサン感激だべ。
このカメラを使い、ああやって撮って、こうやって撮ってと、わくわく感がじわりとオッサンの内部で熟成中。

でもやっぱりカメラを2台カメラバックに積めて出かけるとフットワークが悪くなる。
カメラ積むならレンズを多く積みたいというのが本音。2つのシステムを堅持するのはコストがかさむので、できればα一本で済ましたいけどシステムがまだまだ整っていないのが現実。
でもαレンズの描写は最強なんだよね。

だけど、写真を撮ってばかりしていても飯の種にもならない。今年はWebコンテンツの制作を勉強する元年。新しいことを始めるのだから今まで使ったことのないMacを導入し、Web作りの勉強をしなければと、先頭に振りだし。

これを毎日何周もグルグルしているのだから疲れます。
今週中に答えを出さねば。
[PR]

by alpha7d | 2008-03-04 18:23 | ソニー α700

冬は眠いよ~クマ、クマ、クマ~   

a0003746_18124777.jpg

a0003746_18125940.jpg

a0003746_18131070.jpg


a0003746_18175619.jpgなんだかんだと冬眠の続くこのブログですが、新型登場ともなると更新したくなるのが人情。
ソニンからAモード可能なデジタル一眼レフ登場のご様子。
ミラーパタパタのライブビューはスマートじゃないよなと考えつつE-330後継出ないのかな~と思っていたら意外にもソニンからご登場。


仕組みはポロミラー光学系の光路じゃなくて、ペンタ部のミラーを一部動かし光をライブビュー専用センサーに導くという至って単純な手法なれどステキなアイデア。
ミソとしては位相差検出のAFが可能と言うことなので、まったりなAFじゃなく速いAF。ステキ。
個人的にはコントラストAFより良いと思います。

今後の機種にはフリーアングル液晶で登場して欲しいなと思ったりしました。

a0003746_18162773.jpgさて、長らく待たされていた竹クラスの望遠ズームである70-300mmF4.5-5.6のプライスが発表されました。
Gレンズだから法外な値段かなと思っていましたが、800ドルと日本円にしたら10万円くらい?
それとタムロンから最短撮影距離0.95mとマクロ撮りにも使える70-200mmF2.8も登場と、こちらも価格が10万円ほど。安いですね。これで写りが良ければオッサン買ってしまいそうな気配。
全国都市緑化ぐんまフェア開催までに発売して欲しいです。

PMAでフルサイズ機が登場かと思っていましたが、フルサイズセンサーが今年中に量産という話のみ。
よく50万円以下で出て欲しいという話がありますが、個人的には頑張って35万円くらいのプライスで出て欲しいなと思う今日この頃。
フルサイズ機の登場は当分お預けです。
[PR]

by alpha7d | 2008-01-31 18:29 | 今日の一枚・日記

近日の近況   

a0003746_17105297.jpg

ソニー α700+ソニー 100mm F2.8 Macro

a0003746_16255686.jpg
メリークリスマス仏教徒の俺。
忘れた頃にグラフィックボードがやってきた。発注してから半月。しかも給料日前日。代引発注だからフトコロ直撃。
よりによってクリスマスイブに届いたもんだから子供たちの注目度は抜群。
サンタさんからパパへプレゼントが届いたんだよ。と言うと、違うよ!クロネコヤマトだよと親父を諭す子供。
それはそうと、いつからクロネコヤマトのユニフォームを覚えたのだ。

a0003746_1627379.jpg
アサカメを年に一度買うのはこのため。岩合カレンダー。
前回は撮影データが無かったのですが、今回はちゃんとオリンパスで撮りましたと撮影データが載ってます。
E-3店頭で見たりしましたが、なかなかイイ具合に仕上がってますね。また店頭価格もイイ具合に下がりだし春にはもっと美味しい価格になっているかもと、遠い春を思っています。

a0003746_16333439.jpg
次男用PCのメモリを買い換え。
以前買ったバルク・メモリが異様に不良品。メモリのチェックをするとエラーが大漁。
Winのインストール中にプッツンと電源が落ちたので何が原因かと探ってみたらメモリでした。落ちたはいいがHDDも道連れにしてくれたもんだから迷惑至極コロニー落とし。
で、買い換えになってしまいましたが、メモリも安くなったからバルクは避けようと思ったのであります。

a0003746_16374141.jpg
WiNDyじゃなきゃイヤイヤ。
最近は仕上げがアレだとか、細部がソレだとか色々言われていますが、やはりソルダムのケースは出来がイイ。このOLIEONも一部仕上げのところで?な部分もありますが、ソルダムのケースは総じて組み立てやすく扱いやすいケースであることは確か。
んで、エアーフローとか放熱の対処もしっかり考えてある。

右はAntecmicroATXのケース。これもよく出来ていると思うけど、もうチョイ工夫して欲しいなと感じたり、排気ファンが一番下の風量でも五月蠅い。故に吸気、排気ファンを交換。

a0003746_16515445.jpg
三男も生まれて四ヶ月経ちました。
愛想だけは抜群。これからの成長が楽しみです。
[PR]

by alpha7d | 2007-12-26 17:11 | 今日の一枚・日記

ISOは縦表示されないのよね   

a0003746_17292335.jpg

ソニー α700+ソニー 100mm F2.8 Macro

a0003746_17332488.jpgα700はカメラ上面に液晶表示パネルは無く、背面の液晶モニタで撮影情報を見ることになります。

a0003746_173468.jpgカメラを縦にすると縦に表示され見やすくなっています。
これはシャッター位置が上、下でも同様の見え方になります。

a0003746_17352779.jpgさてここからが問題。
よく使うISOの設定時、というか他の設定でも同じですが縦に表示されません。
これは縦位置撮りを多くする花撮りマンにとってチョイ使い勝手がよろしくなかったりします。

ちなみに液晶パネルに写りこんでいるカメラはFinePixF31fdです。


ISOの設定は、ISOボタンを押す、またはカスタム設定で(C)カスタムボタンをISOに設定すると、カスタムボタンがISOボタンになります。
そして前後ダイヤル、マルチセレクターを上下することでISOを設定する事が可能です。
前後ダイヤルは、ISO100-200-400というステップで、マルチセレクターの上下は、100-125-160-200-250-320-400と細かなステップ設定が可能です。

縦位置コントロールグリップを握ったとき、ISOボタンはカメラ上面と遠く指が当然届きません。
そのため、カスタムボタンをISOボタンとして使います。
さて、縦位置撮影時ISOを細かなステップで設定しようとすると、縦位置グリップのマルチセレクターを上下しても設定できず、画面表示撮りの左右で設定することになります。

縦位置撮影の多い花撮りマンにとっては、縦位置グリップは必需品です。
そのため、縦位置グリップのマルチセレクター操作は横位置とは違った操作となるため、しっくりこない操作性となってしまいます。
前後ダイヤルだけで使えばいいじゃないかとお思いでしょうが、細かなステップで設定したくなるのが人情。

カメラ本体だけで縦位置撮影するのであれば迷いは無いので良いとは思いますが。

重箱の隅を突っつくように感じられますが、せめてファインダーを覗きながら設定するケースの多いISOは横位置同様の操作性を実現して欲しかったのでございます。
次期機種では是非とも改善して欲しいところです。
[PR]

by alpha7d | 2007-12-13 17:56 | ソニー α700

α700の縦位置グリップについて   

a0003746_17232288.jpg

a0003746_17233142.jpg

a0003746_17233685.jpg

ソニー α700+ソニー 100mm F2.8 Macro

D300の縦位置グリップ(ニコン的にはバッテリーグリップ)は電池室に入れる突っ張りがないから、バックの収まりがよく、扱いやすそうだなと思っていたら、カメラ底面のカバーを外して取り付けないといけないようですね。
その外したカバーを、縦位置グリップに収納。なんだかE-1みたい(E-1は電池室の蓋だね)でイヤンな仕様だ。

たった一つの小さな事ですが、実際フィールドに出向くと大きな事になったりします。
取り外し時、落としたりして無くしたりしないだろうか。取り付ける前に外さなくちゃと、使う側の負担は意外と大きい。
ず~っとカメラに付けていればいいのですが、カメラの電池を抜く必要もなく、出っ張りが無くカメラバックの収まりも良いのでオッサンなら必ず、付けたり外したりすると思うのでそう考えてしまいます。

やはり最も完成度の高い縦位置グリップは、α-7(銀塩ね)用の縦位置グリップですね。
接点部がスライドになり取り外しは不要。カメラの電池を抜くことなく縦位置グリップを取り付けることができました。縦位置グリップにバッテリーを入れなくても使えるし。
んなことで、理想的な縦位置グリップは未だにα-7のVC-7だったりします。

さて、α700の縦位置グリップはどうでしょう。

a0003746_1864881.jpgやはり一番気になるのはこの出っ張り。出っ張りさえ無ければといつも思ってしまいます。
あとカメラの電池を取らなければならないのも面倒です。

a0003746_188484.jpgカメラの電池室カバーは縦位置グリップのポケットに収まります。
これで電池室カバーも取り外せなんて言われたら泣きそうです。

a0003746_18103449.jpg縦位置グリップのバッテリー室には、かまぼこ板の上にバッテリーを載せて収納します。
2個載せることができますが、1個でもOK。左右どちらに載せてもOK。
カチッと収まるので、かまぼこ板からバッテリーは落ちません。

a0003746_18171812.jpgこのかまぼこ板、板の下を見れば分かるとおり、電池室に入れる方向が決まっています。縦位置グリップの電池室に入れるとき意外と気づかずムカつくポイント。

a0003746_18194152.jpg両方入れるとバッテリー量が液晶モニタの左下に表示されます。
ちなみにバッテリーの選択はできません。バッテリー1が電池切れになると自動的にバッテリー2に切り替わります。

a0003746_1823527.jpg(C)カスタムボタン、(Fn)ファンクションボタンはカメラの位置に比べ親指に近い位置のため、親指の動きが大きくなるのはご愛敬。
それを除けばベリーグッドな操作性。チョイ高性能なコンデジ一台分の価格ですがコリャ買いだね。

欲を言えば露出補正ボタンはシャッター側に有った方が良かったのになと思ったりしました。
やはり花撮りには縦位置グリップが有った方が圧倒的に気持ちよく撮れなますな。
[PR]

by alpha7d | 2007-12-12 18:35 | ソニー α700

いつの間にか値段が   

a0003746_16232465.jpg

a0003746_16233332.jpg

a0003746_16233945.jpg

α700
1~2枚目:SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
3枚目:SONY 100mm F2.8 Macro

6月27日から始まったデスマーチも峠を越え今月中に終わりそうです。半年もかかるとは、長かった・・・

α700を発売日に買ったのはいいものの使える時間が無く、発売日買わなくても良かったなと思い、ふとα700の値段をチェックしてみると嗚呼愕然。安くなっている・・・
1ヶ月経った段階で値下がりが始まったみたいですね。
個人的に店頭小売り価格が15万円位なら買い得感があると思ったいましたがそれを上回る安さ。
どこまで下がるのか楽しいような悲しいような。

で、更に安くなってきたのがEOS 40Dで10万円と以前ならエントリー機のお値段。
キッスペケが5万円台なので、エントリー機の主戦場もジワリジワリと下がり入手しやすくなったことはいいことです。
これでフルサイズ機の価格も更に下がり、α700くらいの価格で購入できる時代が来るのではと思ったりします。
[PR]

by alpha7d | 2007-12-11 17:09 | ソニー α700