タグ:100mmF2.8Macro ( 131 ) タグの人気記事   

恐怖!エアコンが人類に牙をむく   

a0003746_17503461.jpg
a0003746_17504656.jpg
a0003746_17505239.jpg


前回の記事の続きですが、エアコン風邪をひいてしまいました。
私はエアコンを甘く見ていました油断できない存在です。
電化製品は人に牙をむくのですね。
[PR]

by alpha7d | 2009-07-02 17:53 | ソニー α900

汗がしたたる昼下がり   

a0003746_1883546.jpg
a0003746_1884261.jpg
a0003746_1885115.jpg


いや~寒いですね。
寒くて頭痛が起きてますよ。

エアコンのせいで。

スイッチを切れば灼熱地獄。
スイッチを入れれば極寒地獄。
どちらに転んでも、地獄パラダイス。あ~ビバ!ビバ!

a0003746_1891278.jpgそんな、エアコン地獄の事務所で今日昼食べたのは「カップスター レッド」
今日みたいに寒い日は辛いものを食べて芯から温めようという算段。
調べてみると今年の3月に発売になり、店頭小売価格が198円。

だがオッサンがドラッグストアでゲッチュしたのは88円税込み。
麺の量が多く、安いとなれば、積極的に食べたいとは思わないが、試しに買いたくなるのが悲しき習性。

さて、チリペッパーが標準実装されているこのラーメン。スープを吸い込む時注意が必要。
ヘマすると咳き込んでしまう恐ろしき仕打ち。
気管に入るととてもデンジャラス。
消費者庁へ訴えたくなる。野田聖子の化粧の厚みを。


食べ終えて少し経つと、たら~り、たらり。
男の更年期障害かと思うほどの不意を打つ汗。オッサン汁が潮を噴き出します。
3枚980円で買ったランニングシャツが肌に張り付く。

その汗に、エアコンの風が当たり更に寒くなってしまったオッサンでした。
[PR]

by alpha7d | 2009-06-26 18:11 | ソニー α700

メモリカードはサンディスクでキマリ   

a0003746_18341440.jpg

a0003746_1895264.jpg
a0003746_1895852.jpg
a0003746_1810313.jpg


サンディスク、世界最速を謳うClass10対応SDHCメモリーカード7月中旬より発売開始。

ついにClass10時代ですね。激安SDHCカードに比べると割高感を感じますが、速度&安心感を考慮すればそう高くないので次回SDHCを購入する時は、このメモリカードを購入したいです。
昔昔のすごく昔、COOLPIX990を使っていた頃は、サンディスクといえば遅いメモリカードという印象でしたが、今では高速・安心なメモリカードの代名詞ですね。

やはりですね、機種ごとの相性というヤツで撮影したデータが破損していたり、トラブルが発生するメモリカードはダメですね。
その点、サンディスクは安心して使えるのでCF、SDHCを含め今後はサンディスクだけを使うようにしたいと思っています。
α900ではExtremeIVを使っていますが、すごく快適です。

余談ですが、ハードディスクは日立オンリーだったりします。
[PR]

by alpha7d | 2009-06-25 18:38 | ソニー α700

ネジバナの季節   

a0003746_16252770.jpg

a0003746_16254226.jpg
a0003746_16254923.jpg
a0003746_1625566.jpg


ネジバナを撮ろうと周辺を散策し、ようやく見つかりました。
芝生などでたまに見かけることがありますが、まとまって咲いてる場所となるとなかなか見つかりません。
最近は定番の場所しか撮影していないので、撮影ポイントの開拓をしなければなと思っています。

さて、景気の悪化のせいかWEBサイトを作らないかと電話、訪問が増えています。
話を聞くと、デザイン、SEOの話だけ。デザインを良くし、SEO対策すれば資料請求の雨霰なら楽で良いのですが世間はそれほど甘くない。
これから業者のヒトも作るだけだと仕事無くなるよな~と、思ったりする今日この頃。

随分前からもめていた会社のWEBサイトも、ようやく内製化することに本決まりになりました。
WEB製作の技術本やら、マーケティング、営業の本を読んで勉強することになりますが、良い本があったら今後紹介していきたいなと思っています。
[PR]

by alpha7d | 2009-06-24 17:48 | ソニー α900

ようやく復帰   

a0003746_16101651.jpg

a0003746_16102492.jpg

a0003746_16103333.jpg

a0003746_16104238.jpg

a0003746_16105237.jpg


かなり忙しくなってしまい更新できず申し訳ありませんでした。
一応一段落ついたので、通常営業を始めたいと思います。
事の顛末については後日掲載したいなと思っています。
と、いうことで今日は旬の花を。

それはそうと、動画が撮れるマイクロフォーサーズ機「DMC-GH1K」がついに10万円割れに突入ですね。
随分前から価格の変動をウォッチしてきました。
ちょっと前まで最安値12万円台から価格の変動がなかったのですが、12万円台を下回った頃から一気に下降し、ついに大台を超えました。

やはり静止画だけでなく、動画も撮れると楽しさ、表現の幅が広がります。
10万円を下回ったら購入したいなと思っていたので、そろそろ購入の軍資金集めに奔走したいなと思っています。

さて、今日掲載されている写真は全部α700で撮ったものです。
最近α900ばかり使っていますが、APS-Cフォーマットの世界に戻ってみようとα700を連れ出しました。
明後日発売される50mmF1.8SAM、それと秋発売予定の30mmF2.8Macro、タムロンの60mmF2.0マクロと、APS-Cフォーマットでは面白そうなレンズが目白押しです。

フルサイズは金銭的にキツイので、APS-Cフォーマットに戻ってやろうと考えましたが、やはり一度フルサイズを味わうとフルサイズ以外では厳しい体になってしまいました。
メインレンズの100mmマクロも、距離感などがズレ使っていると違和感を覚えます。あと、ファインダーも狭くなり、少々扱いづらく感じました。

ソニーから、価格的に優しいミドルクラスのフルサイズ機が登場して欲しいものです。
もし登場すれば、本当の意味でのα-7(銀塩よ)の後継機種ですね。
[PR]

by alpha7d | 2009-06-23 17:57 | ソニー α900

加須市 浮野の里へ行ってきました   

a0003746_1753861.jpg
新緑が目にまぶしい。緑の回廊を進むと。

a0003746_17532340.jpg
ノウルシの群生地が現れました。

ノウルシは彩度が高いので、以前使っていたα-7DIGITALでは飽和してしまい苦手な被写体でした。
それにしても、デジタル一眼レフの進歩には目を見張るものがあります。
特にα900の描写は安心して使えます。描写の懐が深くなったというか、余裕を感じさせてくれます。

今日、ニコンの AF-S VR マイクロニッコール ED 105mm F2.8Gを触らせてもらいました。
個人的に最も気になるレンズの一つです。
D90との組み合わせと、いうこともあってか意外と軽い感じです。
マクロ派としては、AF-S マイクロニッコール 60mm F2.8G同様、是非とも使ってみたいレンズです。

最近自分自身の写真がマンネリ化してきています。
被写体を前にすると、どうしても撮る気持ちが前に出てしまい、創意工夫が潜めてしまいます。
初心に戻ると言いますが、やはり入門機種クラスのカメラを使い、もう一度基本から自分自身を鍛え直さなければならないなと思ったりしています。

さて、入門機はどうしましょうか。

a0003746_1753366.jpg

a0003746_17534762.jpg

a0003746_17535838.jpg

a0003746_1754824.jpg

a0003746_17542127.jpg

[PR]

by alpha7d | 2009-04-28 18:22 | ソニー α900

WBC優勝と、桜前線に今週出撃   

a0003746_16542026.jpg
a0003746_16542911.jpg
a0003746_16543942.jpg

α900
1枚目:100mmF2.8Macro
2-3枚目:70-300mm F4.5-5.6G SSM

WBCで日本が優勝しましたね。
最初は負けて、いくつかの困難を超え、最後は勝つ、日曜の朝にやっているヒーロー戦隊っぽいシナリオでした。日本人にはウケそうな内容ですね。
何はともあれ勝って良かったです。
それはそうとWBC、いつもWBAと間違えてしまいます。

さて、オッサンの決戦は今週。桜前線に出兵です。

菜の花も撮っていないのに、桜襲来とは今年はいつになく早い雰囲気。
オッサン生息地帯の桜の咲くピークは今週から来週にかけてとなります。
いつも桜の咲く時は曇り空、お約束通り今週の天気予報では曇り空が多い空模様。
ただ晴れのマークもあるので、青空が顔を覗かせたら凄まじく出撃しなければならいです。
カタクリの花も撮らなきゃならないし。
フォトイメージングエキスポなんぞに行ってる暇は無いぞなもし。
a0003746_17301447.jpg
怪獣とウルトラマンと菜の花。素敵なシチュエーションです。
[PR]

by alpha7d | 2009-03-24 17:42 | ソニー α900

保護フィルターは付けますか?   

a0003746_1735237.jpg

以前は付けなかった保護フィルターですが、最近は付ける様になってきました。
上のカメラは今現在の主力機二台で、両方とも標準ズームに保護フィルターを付けています。
サイズが恐ろしく違いますが、ペンタプリズム搭載ファインダーの頂点を極めたα900、電子ビューファインダーの頂点を極めたDMC-G1と共通点が有ったりするような気がします。

さて、何故保護フィルターを付けるかと言えば、子供がレンズをペタペタ触るのとイタズラ対策のために付けています。
標準ズームは子供撮りをするとき多用するのでどうしてもレンズを触られてしまいます。
最近有った事件として、子供がテーブルの上に置いたカメラにイタズラをしていて、ボールペンでレンズ面を突っついていました。
保護フィルターを付けていたので良かったです。当然保護フィルターには傷がついていました。

こんな事も有って保護フィルターを付けないと怖い日々です。
以前はレンズの性能をフルに発揮できないだろうと思い付けていませんでしたが、最近付けるようになって付けても付けないくてもそれほど違わないので、保険の意味を込めて付けています。

それとレンズ購入時、ほぼフィルターは付けた方が良いなと思います。
レンズというヤツは実際使ってみないと分からないことが多いものです。写りが微妙にフィットしない、操作性が気に入らない、等々色々な要因で気に入る気に入らないが発生します。
レンズを購入したものの手放したくなった時、そんな時は、ヤフオク等で転売すれば金銭的に傷も浅く済みます。
そんなとき、レンズ面に傷が有ると泣くに泣けません。
レンズの試用期間は保護フィルターを付けるなどして、レンズ面の保護をするのも良いかもしれませんね。

a0003746_1755135.jpg

[PR]

by alpha7d | 2009-03-13 18:17 | ソニー α900

Exmor Rとはナンジャラホイ   

a0003746_174084.jpg
ソニーα900+100mm F2.8 Macro

PMA開催前、多くの方が期待したものとしてExmor R(エクスモア アール)搭載のコンパクトデジタルカメラの発表ではないでしょうか。
私自身Exmor Rについて興味が無く、レンズの方ばかり注目していました。
今後注目株の筆頭であるExmor R。いつまでも分からないのではソニーαユーザーとしてはアレなので、ちょっと調べてみました。

Exmor Rを超カンタンに言うと暗い所でもキレイに撮れる新型CMOSセンサーのことらしいそうです。
裏面照射型CMOSセンサーとも言われ、今年1月発表された、デジタルビデオカメラに搭載され、大きな反響がおきたそうな。
ちなみに搭載されている機種はHDR-XR520VとHDR-XR500Vの2機種。

2008年6月裏面照射型CMOSセンサーの試作開発が成功し、今年1月にそのセンサーを搭載した製品発売と結構素早い展開です。
Exmor R登場の背景としては、多画素化が進みSN比をはじめとした総合的な画質向上が求められているとのこと。要は多画素化になるとノイズが増えたりするので、低ノイズなどといった画質の向上が目的。

で、多画素になると1画素の面積が小さくなり、更にレンズで集めた光が配線やトランジスタの影響で効率よくフォトダイオードに行かなくなります。んなことだからノイズが増えるらしい。
それを解決するために、今までのシリコン基板を反転させ、裏面側から光を集めます。
そのことで、今まで配線やトランジスタの影響を受けていた光の量を増大させることで、低ノイズなどの撮像特性を大幅に向上させることができるそうです。

Exmor Rの技術情報の最後の方にある「表面型/裏面型 断面構造皮革」のFLASHを見るとよく分かります。

高感度に強く、高ダイナミックレンジなExmor Rは、今現在デジタルビデオカメラだけに搭載されていますが、今後デジタルコンパクトカメラ、デジタル一眼レフにも搭載されるはずです。
最近オリンパスのエライ人がこれ以上多画素化はしないよと言っていました。今後はノイズの低減等をはじめとする画質向上、表現力向上の時代に突入ですね。
Exmor Rの動向、要注目です。
[PR]

by alpha7d | 2009-03-11 17:45 | ソニー α900

ボケ Bokeh ボケ   

ようやくPhotoshop CS4にアップグレードしたので、以前から気になっていたAlien Skin Software Bokehの体験版を入れてみました。
使ってみた感想としては、やはりレンズのボケの方が圧倒的に良いなという感じです。

毎日持ち歩いているDMC-G1とキットレンズの組み合わせでは、被写界深度が深いため特に花マクロ撮影では表現の幅が限定されてしまいます。
どうしても花撮りではボケを多用した心象風景的な絵作りにをしたくなります。
ならば、ソフト的にぼかししまえっ!と、思って試したのですが下の通り。

a0003746_16412686.jpg
DMC-G1とBokehの組み合わせ。

a0003746_16414083.jpg
DMC-G1とPhotoshop CS4のボケ処理。

Photoshop CS4では、ぼかすのに手間がかかるのでBokehがもっと自由度の高い操作が可能なら良かったなと思いました。
やはりマクロレンズを使い撮った方が現状では良いということですね。
DMC-G1を使うときは、望遠ズームか、今後登場予定のマクロレンズを使う必要になります。

で、下の写真はα900と100mm F2.8 Macroの組み合わせで撮ったものです。
背景を単純化したことで、主題が生きてきます。
a0003746_16415095.jpg

a0003746_1642152.jpg

[PR]

by alpha7d | 2009-03-10 17:07 | ソニー α900