<   2006年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧   

ミドルクラス・レンズの出来が重要   

a0003746_1735258.jpg

a0003746_17353855.jpg

a0003746_1735462.jpg

ソニー α100
1枚目:AF 85mm F1.4 G
2,3枚目:ソニー 100mmF2.8 Macro

それにしても85mmF1.4Gは最強の85mmですね。下手な腕もレンズの描写がカバーしてくれます。
銘玉85mmF1.4Gの座はツアイス85mmに譲られますが、ツァイスのレンズはどのような写りになるのかネイチャー派の私でも気になるところです。
α100はAPS-Cフォーマットなので、35mm換算約127mmになり、撮影倍率も上がり花撮りでも積極的に使えるレンズになります。

このレンズを買った切っ掛けは、とある素人女性を撮るために購入しました。
当時大口径レンズを所有していなかったので、当時ディスコンしたばかりの100mmF2とどちらにしようかなと思いつつ、明るけりゃエライというオッサンの法則に則り85mmをチョイスしました。
ポートレイトの本なんぞを買ってみたりして、当時オッサンも血気盛んであったのでした。
実際撮ってみて非常に良い写りだったのでビッリタマゲタ状態だったのは言うまでもありません。

このレンズの写りがあまりにも良かったので、「Gレンズ」はスゴイ写りをするのだなと思い調子に乗って28-70mmF2.8Gを購入しました。
ただ撮ってみたものの写りは良くても、真水のような澄んだ写面白みがありませんでした。
それと最短撮影距離が0.85mと長いことがあり意外と使い勝手が悪い。
よって「Gレンズってスゴイのね」という思想から一気に解き放されました。

ハッキリ言ってゴーストが出やすかったり、収差も決して上手に処理してないこともあり、住宅撮りをしてもキツイナ~と思うことが多く、28-105mmの方が良いじゃんと、標準ズームは振り回せるオリンパスで言うところ竹クラスで充分だよねと結論づけたのでした。
ミノルタの良さは竹クラスのレンズであっても決して写りが犠牲になることはありませんでした。某社のようにクラスの違いで描写に差が出ると言うことがなく良心的なメーカーでもあったのです。

今現在ソニーの竹クラス・ズームレンズ(DT11-18mmは却下)は存在しません。11月発売される16-80mmF3.5-4.5がソニー初の竹クラス標準ズームとなります。
ソニー初の竹クラスズーム16-80mmがどのような写り如何により、ミノルタ時代のように安心して使えるのかの試金石となるように思えます。
多くのユーザーは手頃な値段・サイズで良い写りのレンズが欲しいのですから。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-30 18:27 | ソニーα100レポート

E-1後継機の噂   

a0003746_1721234.jpg
ソニー α100ソニー 100mmF2.8 Macro

E-1の噂話が徐々に盛り上がってきたので、ちょっと面白そうな噂だけピックアップしてみます。

E-1の後継は2系統有るそうで(なんと!)、大きな特徴として、EVF搭載+受光体が松下のLive MOSでやや画素数が多くなった改良版。でも1,000万画素以下のE-3。
そして光学ファインダー搭載、富士フイルムのSuperCCD1,200万画素搭載のE-5の2系統。
プライスがE-3が16万円くらいで、E-5が25万くらい。カナ?じゃE-5の実売は199,980円?

両機ともボディ内手ぶれ補正機構が搭載され、スペック的に見劣りしていたAFも強化され測距点がE-3が5点。E-5が9点、連写もE-3が5コマ秒、E-5が7コマ秒と高級機にふさわしいスペック。あくまでも妄想の世界ですよ。

もし発売された場合、個人的にはEVF機のE-3よりも、光学ファインダーのE-5をチョイスすることになります。
やはりEVFでの花撮りはムズイ、メンドウ、カッタル。もしE-3、E-5ともEVFなら宗旨替えを余儀なくされそう。

さてE-5ですが少々気になるスペックを発見。X接点1/500秒!(あくまでも・・・)
FP発光(高速シンクロ)非対応の現行マクロフラッシュの活用範囲が広がりそうです。やはりフラッグシップ発売と同時にマクロフラッシュ・システムも高速シンクロ対応にして欲しいですね。
ソニーくん、君もね!

実際噂話なので信憑性は無いに等しいのですが、噂という燃料があるだけでも嬉しかったりします。ただ、この噂でもファインダー倍率が0.96倍とE-1と同じ。更に大きくして欲しいのですよね。

α-7Dまたはα100とE-1の同時使用をすると、E-1のファインダーの小ささがどうしても気になってしまいます。併用しても気にならないくらいにプリーズ。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-29 17:13 | オリンパス E-1

外付けHDケース   

a0003746_169375.jpg

ソニー α100ソニー 100mmF2.8 Macro

a0003746_16103649.jpg今日は日立のS-ATAのHDD(ハードディスク)、250GBを2台購入。
1台1万円ほどだったので、ずいぶん安くなったモノだと驚いてみた。通販だと更に安かったのですが思いついたら買いたくなる悪い癖が炸裂してしまいました。
これは写真データの保存というよりも、増え続ける動画ファイルの対策としての購入です。


a0003746_16151685.jpgデータのバックアップであれば、純粋に外付けHDDを購入すればいいのですが、如何せん電源コネクタの形状がメーカーごとに違い、イチイチ電源ケーブルを管理したり、取り替えたりする作業が猛烈に面倒くさかったりします。

面倒なことを避けるときは、同じメーカーの品を買い続けなければなりません。
また同じメーカーでもモデルによって形状が変わってきたりするので尚更混乱。

と、いうことでラトックの外付けHDケースをチョイスしてみました。
S-ATAのHDDのケースは意外と少なく、有っても冷却面で不安があったのでSA-IFKU2AFにしてみました。


たとえば、E-IDE用のHDケースであるノバックのもっとはい~るKITや、コレガのCG-U2HDC35など、アルミ外装でファン未搭載ということもあるのですが触ると熱を帯び、HDDに影響有りそうな熱さになります。

ラトックのSA-IFKU2AFは、熱伝導パットや冷却ファンのおかげでしょうか。触ってみるとノバックやコレガと比べても熱くなく、冷却効果は確かなようです。
最初小さなサイズの冷却ファンなので五月蠅いかなと思いましたが、音は静かで電源ファインの音に隠れ耳障りではありませんでした。

データをDVDやCDに焼いても劣化で読み取れなくなる時があり、保存性の面で不安です。また画素数アップなどのようにデータは肥大化しつつあり、DVDなどのメディアでは枚数が増え管理が面倒になってきます。
HDD(ハードディスク)もクラッシュなども有り不安要素はどれにでもありますが、データ処理が早いため利便性は高く、今現在データを保存するのであればHDDが一番適しているように思えます。

今後、S-ATA・HDDを使った外付けHDケースにおいてマストアイテムになりそうです。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-26 17:44 | デジタルカメラ関連

水滴越しの凌霄花   

a0003746_16261680.jpg

a0003746_16264816.jpg

ソニー α100
上:ソニー 50mmF2.8 Macro
下:ソニー 100mmF2.8 Macro

超ひさしぶりに三脚を使った撮影。もしかして、Blogを開設して初めての三脚使用写真?
のうぜんかずらの落花が水滴に写っていました。
コリャ撮ってやろうと出勤前の撮影タイム。

だが被写体の位置が恐ろしいほど中途半端。
膝をついたら高めの位置、アングルファインダーを使うにも少々位置が高く安定したホールディングが出来ない。
で、変な中腰撮りで撮り始めましたが、ファインダーの像が安定しない。

と、いうことで三脚を取り出しパシャパシャパシャ。
常時車の中に三脚を置いてありますが、置いてある三脚は実売1万程度の安物。
やはり使っていて安定度が低く、長玉なんて使ったら屁の突っ張りにならないだろうなと思いました。
もう一つ有るのはカーボン三脚で実売3・4万ほどのモノですが、花撮りを始めた時購入したモノでローアングルに重点を置いたため全長が低く草花などの花撮り以外全く使いづらい代物。
α-7のSTFモードで撮ると絶対ブレるのがご愛敬。

今度購入するときはレバーロックタイプの全長の長いタイプにしたいなと思いますが、それほど購入意欲が無いのは察しの通り。
もし購入するなら長く使えるので、少々割高だなと思ったくらいの三脚を選ぼうかなと思っています。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-25 16:47 | ソニーα100レポート

50mmF1.4で撮った蓮の花   

a0003746_17232028.jpg

a0003746_17234216.jpg

a0003746_17235436.jpg

ソニー α100AF 50mmF1.4NEW

a0003746_17193689.jpg今日撮影に使用したのは50mmF1.4レンズです。
ちなみに上がF1.4の開放撮り。中と下がF2.2です。
α100を使えば、7年前に買ったミノルタのレンズが、買い換えることなく手ぶれ補正になるのですから経済的にも優しいですね。


昨日、オリンパスもCCDシフト方式のコンデジを発表しましたが、当然デジタル一眼にも搭載されるでしょう。
松下が手ぶれ補正レンズを発表したとき、もしかして・・・  という考えでしたが昨日の発表を見て一安心しました。
もしオリンパスの手ぶれ補正の方式が光学補正だったらマウント変更に近いダメージです。

ただ万能のCCDシフト方式の欠点はファインダー上で像が安定しないこと。
ならEVFでしょ、という考えが多くなるとは思いますが、やはり一眼レフなら光学ファインダー。
α-7Dやα100を使ってきて一番感じる点としては実際効果が有るのか否か、ファインダー上で実際に確認できるようになれば、今撮ったショットはブレているかもという心配が無くなり、安心感が増します。
撮った後モニタで確認するより、撮る段階で確認できた方が有り難いものです。

次は、光学ファインダーでも手ぶれ補正の効果を確認できるファインダーの登場を期待したいですね。

キッスデジタルペケ。思ったほど凄くはないですな。ホコリ取り機能も当然オリンパスより劣っているし、ソニーもアレとソレを頑張れば射程内だぞい。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-24 17:51 | ソニーα100レポート

キャノンの逆襲   

a0003746_944217.jpg


今日発表するとかしないとか、毎度の事ながら情報管制が敷かれていないのか分かりませんが、相変わらずのリーク情報にウットリ。
70-200mmF4.0がブレンビーになり、50mmF1.2とAFレンズでは一番明るい、でキッスがホコリ除去機能付き(出来はα並?)で、ホコリの多い日も安心になるカモな情報。
って言うかローパスフィルターにホコリ対策しても新品レンズにホコリが入っているのはこれ如何に?

まぁ黙っていても売れるキヤノンだからKissDNの黒・銀に新色「成金セレブカラーの金」「田舎ヤンキーカラーの紫」を新たに加えればバカスカ売れそうだけど、色々頑張っていますね。
ちょっと新規参入メーカーを気にしているのでしょうか。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-24 09:57 | デジタルカメラ関連

今日はα100、E-1を連れ立っての撮影   

a0003746_16584647.jpgそれほど暑くないだろうと高をくくっていたものの、実際の撮影はカメラを濡らすほどの汗が吹き出し、今年一番の汗の噴き方。

機材はα100に100mmF2.8Macroと50mmF1.4NEW。E-1には50mmF2.0Macroと50-200mmF2.8-3.5という望遠寄りの陣形。

と、言うことで記念写真。パシャ!


a0003746_17432416.jpg

a0003746_17433454.jpg

ソニー α100ソニー 100mmF2.8 Macro
この時季の撮影はホントに水分補給を考えながら撮影に挑まないとダメですね。
撮りに行くたびにスポーツドリンクを買っているので、スポーツドリンク貧乏になりそうです。
今日は久しぶりに温室で撮ろうかなと思っていましたが、冬になれば通うことになるのだからとスルーし、花ポイントへ行きましたが思ったほど咲いていないので少々ガックリ。
最近撮影をしていなかったので、今週はE-1、α100コンビで色々撮ってみたいなと思っています。


a0003746_17343656.jpg今日もまたエネループを購入しました。
単三を8本、単四を2本。あと単一、単二用のスペーサーを試しに買ってみました。
やはり継ぎ足し充電可能というのは非常に便利です。
時間をかけて家庭内の電池全てをエネループ化する予定です。


デジタル一眼戦国時代へ、「α」が崩したキヤノン・ニコンの2強体制
ソニーのデジタル一眼のシェアが3位という上々の好スタートをきりました。さすがソニーはブランド力はありますね。これでコニカミノルタ・ブランドだったらどうだったのでしょうか。
ただソニーといえども、老舗メーカーとエントリー機だけで勝負するのは大変なことです。今後はα100の鮮度が薄れるのと同じくしてジワリジワリとシェアは落ちていくでしょう。

レンズラインナップが少なく、カメラもエントリー機一機種だけ。
本当の真価が問われるのは、カメラ、レンズのラインナップを揃ったときでしょう。
それにしても発売から時間が経過したにもかかわらずKissDNは売れますね。ソニーは予想より売れないとかいった話がありますが、老舗メーカーと競うのはそう甘くはないですな。
全力投球で頑張って欲しいですね。相手も必死に競うのですから。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-23 18:04 | ソニーα

オリンパスもCCDシフト手ぶれ補正採用!   

a0003746_16272342.jpg


オリンパス、同社初のCCDシフト手ブレ補正搭載コンパクト「μ750」
オリンパス、コンパクトデジタルカメラ秋の新モデル5機種を発表
オリンパス ニュースリリース 「μ(ミュー) 750」新発売

これは、すなわちE-1後継機にCCDシフト手ぶれ補正が搭載されるよと言っているようなもの。
これでCCDシフト方式を採用した(かもしれない)一眼レフメーカーはソニー、ペンタックス、オリンパスの3社になりました。

全てのレンズが手ぶれ補正になるCCDシフト手ぶれ補正は、レンズ補正よりも有難味が高い。確かにファインダーでの効果が分からないものの全てのレンズが手ぶれ補正レンズになるのだから買い換えの必要もなく消費者側に立った機能なのでございます。

オリンパスは手ぶれ補正をレンズ側で行うのか、ボディで行うのかようやく結果が出ました。
これでE-1後継機がますます楽しみになってきました。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-23 16:29 | オリンパス E-1

今日は忙しいので   

a0003746_1824299.jpg

a0003746_18241586.jpg

a0003746_18265092.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

ちょっと忙しいので今日はここまで。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-22 18:33 | オリンパス E-1

ボケの欲しい時もある   

a0003746_15352984.jpg

ソニー α100ミノルタ AF 85mm F1.4 G

購入当初は不満点も多かったE-1ですが、最近は随分と慣らされ、これといった不満点はないのですが、発作的に大きなボケ写真が撮りたくる時があります。
ボケが綺麗なら七難隠すと言うか言わないかは別にして、ゴチャゴチャした背景を単純化したり、前・後ボケを大きく取り入れたいときがあったりします。

んなことでソニーαのシステムを構築するにあたって、大口径でボケ優先でマクロがメインという3点を主眼においてシステムを組むことにしました。
限定的な用途を想定してのシステムなので、当然Eシステムのサブとなるわけです。

個人的に欲しいレンズとしては10月発売のSTF135mmを購入したいですね。本音を言えばこのレンズが使いたいが故にソニーαを選んだようなものです。
一時期70-200mmF2.8を買おうかなどと考えていましたが、サブシステムがメインシステムよりも重くなるのは頂けないと思い、今後は単焦点レンズを中心に揃えようと思っています。

a0003746_154097.jpg
EX-Z500
今日、下の子が熱を出し、安静にしろと言われたようです。
と、いうことで明日は上の子と久しぶりに二人っきりで出かけてこようかと思っています。
上の写真を見ただけで、どこか分かるヒトは少々群馬マニアですな。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-19 16:25 | ソニーα