<   2006年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧   

風の日に撮るのはムズイですね   

a0003746_15405456.jpg

a0003746_1541582.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

久しぶりにソニーαのページに新コンテンツが追加されたようで、おなじみ三好氏が載っており次は小沢忠恭氏かなと思ったりした。
あさってで6月。そろそろ発表?
[PR]

by alpha7d | 2006-05-30 16:40 | オリンパス E-1

ルピナス・ルピナス・ル・ル・ル・ル・ル・・・   

a0003746_15485023.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

花撮りは、50mmマクロと50-200mmの2本あれば殆どの被写体を撮ることが出来ますな。
今日病院帰りにルピナスを撮ってきたのですが、殆どこの2本だけでした。
街中ということもあり、どうしても余計なものが写るので背景処理が難しく、広角マクロの出番は無しです。

オリンパス待望の望遠マクロ(100mm級)は噂によるとF2.0みたい。
F2.0なら非常に喜ばしいですね。35mm換算の200mmがF2.0の大口径なら使いで抜群。
背景の単純化にはうってつけではないでしょうか。

さて、オリンパスで本格的にマクロ撮影を始めたいなら50mmマクロ、50-200mmと7-14mmがオススメ。更に最短撮影距離の短い標準ズーム14-54mmが有れば更にヨロシといった感じです。

今日はオーソドックスな撮り方をしたので後日解説を交えながら、ルピナス撮りの話でもしたいなと思っています。
それにしても今日は疲れました。んじゃ、また明日。
[PR]

by alpha7d | 2006-05-29 16:10 | オリンパス E-1

ソニー α-100?   

a0003746_16192836.jpg

a0003746_16193754.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

α-100と聞くと、α-101を思い起こさせチープな気分にさせてくれますが、ソニーのラッキーナンバーは「1」なのでしょうか?

さて、ホコリ取り、1,000万画素、GレンズにZEISSと噂だけでおなかいっぱい状態ですが、最も気になるのはSTFレンズが復活するか否か。
ソニーαシステムはEシステムの補佐システムとして運用する予定なので、フルレンジで揃えるのではなく望遠・マクロ域だけを中心に揃えようと思ってます。

既にミノルタレンズは手元に無いので、ソニーブランドのレンズを購入しますが、購入するとすれば次のレンズを揃えようかなと思ってます。
1.70-200mmF2.8(KMだったら最短撮影距離が1.2mだからイイ)
2.100mmマクロ(タムだと90mmになるのか?)
3.STF135mm(どうなるのでしょうか)出なければ200mmマクロ
当然デジタル対応で出すんですよね?ネ!

あとは手放さなかった数本の単玉にエクステンションチューブとか使えば充分マクロが満喫できますね。けど収差が凄そう。フォトショで消せるからイイか。

ココでヒトコト。コニカミノルタからソニーがαを引き継いでも、放置プレイは引き継がないでほしいものです。
[PR]

by alpha7d | 2006-05-27 17:15 | オリンパス E-1

私の標準レンズ。ズイコーデジタル50mmマクロ   

a0003746_1702840.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

E-1に常時付いているボディキャップ的なレンズといえば50mmマクロです。
この50mmマクロレンズは歴代の使用してきたマクロレンズの中で最も気に入っているレンズです。

最近50mmマクロを使うとき、NDフィルターを使ったりして積極的に絞り開放で撮ることが多くなってきました。
円形絞りを採用していないので、点光源が人工的になってしまうのも一つですが、絞り開放F2.0でも実用的な写りをするからとも言えます。

一般的に絞り開放で使うなんてシロウトだと思われる方が多いのですが、特にオリンパスのズイコーデジタル・レンズに限って言えばそれは旧石器時代のおまじないだと言い切れます。
旧来の設計のレンズは開放では諸収差が現れ、絞り開放で使うよりも一段絞った方がレンズのうま味が増すからです。
ですが、このレンズは絞り開放からでも実戦的描写となるわけです。

50mmマクロを絞り開放で撮っても、マクロ撮りなのでボケがほわっと柔らかいのは当然としても、ピントの合う場所に芯が有り確実に写しとれ、ディスプレイ・プリント鑑賞時、クォリティの高さを如実にうかがい知ることが出来ます。

ですが、描写性能が良いと言っても操作性が悪ければ話になりません。
ズイコーデジタルはパワーフォーカスが採用されています。購入以前はパワーフォーカスは使いづらいのではと思っていましたが、使いやすく操作性についての不安はいとも簡単に払拭できました。

マクロ撮りは非常に窮屈な姿勢で撮ることが非常に多いです。
背丈の低い花や、街角で撮るなら壁沿いや側溝の近くなど撮る姿勢に制限が出てきます。
そんなとき、トルク感の有るピントリングを回すよりも、指先一つでピントをコントロールできた方が圧倒的に使いやすい。

ピント操作が軽いとは言ってもスカスカでなく、イイ塩梅の滑らかさです。
フォーカスリングのトルク感など志向する向きの方には適しませんが、実際に撮ることを優先したレンズ。実戦的なレンズと捉えれば、そんなことは大事の前の小事。
ドンドン撮る人にはうってつけのレンズだと思います。

ただ、このレンズにも弱点があります。
そう回転角が大きいことです。
三脚に付けて使う分には問題なく、逆にメリットの方が多いのですが、特に手持ちの時回転角が大きいためピントコントロールに時間を取られることがあります。

回転角が小さければ、ある程度の位置までピントを持って行き、体の前後でパシャ!となりピント操作の時間短縮が出来ます。
私の場合、体を固定して撮るときが多いので回転角が大きい方が楽ですが、風に揺れている花をピントコントロールしながら撮るには回転角が仇となりキビシイ状態になったりします。
こんなときは、回転角が小さいミノルタのレンズの方が楽だったりします。

この回転角を小さくできるモード。大きくできるモードなど設定できれば操作性が更に向上するのは間違いないはず。
E-1後継には是非ともカメラ側で回転角をコントロールできるようにして欲しいと思ったわけであります。


a0003746_17573969.jpgで、今日のお買い物。
昨日、オークションでツマラナイものを競い合って落としたため予算的に厳しくなってきましたが、買いたいものは買おうの精神で邁進中の今日この頃。

と、いうことでシュレッダーを買いました。
やはり個人情報の載った手紙などシュレッダーにかけて捨てた方が精神的にヨロシイですね。


a0003746_1813477.jpg続いてはA3対応のラミネーター。
紙などを貼っておくと、子供がビリビリにしてしまうことが多いので2~3年前から欲しいなと思っていましたが、ソニーαに突入する祈念にと(ナンノコッチャ?)思い切って買いました。価格は10,980円。
買ったのは良いのですが、何をパウチすれば良いのか悩んでいる今日この頃です。
[PR]

by alpha7d | 2006-05-26 18:04 | オリンパス E-1

20万アクセス御礼   

a0003746_17203371.jpg

a0003746_17204749.jpg

a0003746_17205857.jpg

1枚目:オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50-200mm F2.8-3.5
2,3枚目:オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

去年の大晦日に15万アクセス達成から半年で20万アクセスに達成することが出来ました。
病気のため一ヶ月ほど更新しない時もありましたが、その時も多くの方に見ていただき励まされた気分でした。
写真を趣味として続けていく動機付けとしてBlogの存在は大きなと思っています。
a0003746_17255974.jpg

で、今日からこのブログのタイトルを変更いたしました。
ちょっとだけ短くなり「コニカミノルタ α-7D」から「ソニーα」へと変身。

既にカテゴリーではミノルタやα-7Dの文字は無く、OLD αとしたので気づかれた方もいらっしゃったのではないでしょうか。
一時期はキヤノソが良いか、ニコソが良いか迷いましたが、やはりミノルタレンズの描写性能に惚れていただけに、ミノルタのDNAを引き継いだソニーに期待を込め、カンボジアの地雷原を歩くが如くソニーαにすることにしました。

15歳からのミノルタユーザーでしたが、売れそうもない二束三文のブツと、思い出のレンズだけ残し全て処分(売ったんだけどね)しました。
ミノルタ色を払拭し、今後はソニー一筋(いやオリンパスも含めるから二筋?)として精進して参る所存でございマッスル。

このブログを見ていただけるだけで随分と励みになり、写真に取り組む活力源となっています。
これからもガンバっていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。
[PR]

by alpha7d | 2006-05-25 17:26 | 今日の一枚・日記

雷が鳴ってきました   

a0003746_16213799.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

雷が鳴ってきました。
そろそろ停電になりそうなので今日はここまで。
また明日。
[PR]

by alpha7d | 2006-05-24 16:38 | オリンパス E-1

Ready Sony α   

a0003746_16453371.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

今月20日発売のカメラ雑誌に目を通すと、月亀とC社の広報誌などに、ソニーαのインタビュー記事が掲載されていました。だいたい同じ内容ですが内容の良さから言えば強面タナーカ氏のページ(月亀)が一番良かったですな。
個人的に最も気にあるのが初年度に用意されるレンズ20本のラインナップ。
インタビュー記事から見て分かるとおり、中途半端なツマラナイ、KM末期の消極路線ではないように思えました。

すでに何度も言っているとおり、オリンパスのEシステムがメインシステムなので、Eシステムを補完する事をねらっているため大口径望遠ズームやSTFなどのような個性的なレンズが欲しいです。
あとフォーカスリングの滑りが良くなった100mmマクロとか・・・

KMの70-200mmF2.8やSTF135mmを買おうとして、呑気にしていたら一気に品不足&価格高騰の憂き目にあって買いそびれただけに期待大です。

オッサンは既にストラップだけは調達したよ。またミノルタだけど。
ソニーαの準備はとりあえず万端。
PENTAXのブレンビー一眼と同時期発売になりそうですが、今年夏の目玉として両カメラともキヤノン&ニコンの牙城に楔を打ち付けて欲しいですね。

a0003746_16493437.jpgそれはそうとDA 21mm F3.2AL Limitedなんて凄く良さそう。広角だとゴミが目立つから、Eシステムにこそこういった単焦点レンズが欲しいなオリンパス。
[PR]

by alpha7d | 2006-05-23 16:50 | オリンパス E-1

漂流温室 ~ぐんま昆虫の森~ Part2   

ココで撮った撮影機材はオリンパス E-1ズイコーデジタル ED 7-14mm F4.0です。

a0003746_1712933.jpg
本館を出て昆虫観察館へと進みます。ここでは喫茶店や図書館があります。

a0003746_173129.jpg
非常に贅沢なスペースですね。俺もこんな書斎を持ちたい。昆虫観察館はこんなもんです。

a0003746_174722.jpg
お金かかってますよ。

a0003746_1743194.jpg
ココは何のスペースなのかチト不明。昇っても行き止まりだし、イベント会場になるのでしょうか。

a0003746_176875.jpg
煙突ですか?

a0003746_1762911.jpg
秋ともなればトンボが飛翔している場所の予定。

a0003746_1771831.jpg
菜の花も綺麗、空も綺麗、やっぱりE-1の絵は最強です。E-1一台いっとく?安いよ。

a0003746_17113616.jpg
敷地の一番奥にはかやぶき民家があります。入ってみようと思いましたが囲炉裏で何かしていたらしく、凄い煙でむせてしまい断念無念。

a0003746_17152168.jpg
近隣の方は一度は行ってみやっせという感じ。

a0003746_17174356.jpg
と、いうことでぐんま昆虫の森のレポはこれにて終了。

a0003746_17181688.jpg
続きましては、同じ桐生市に有る成田山赤城寺のシャクナゲを来週ごろ紹介します。
写真は赤城寺名物おちんちん地蔵。
[PR]

by alpha7d | 2006-05-20 17:21 | オリンパス E-1

最近誘惑が多い   

a0003746_17161232.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

今日シグマの70-200mmF2.8の発売日と価格が発表されましたね。
6月下旬発売の税込みで162,750円と入手しやすい価格。
気になる逆光耐性はいかがなものか、ボケ描写はと気になるもののフォーサーズじゃないし、αマウントじゃないからどうでもいい話し。
んじゃ30D買ってなんて事も考えたりして。
やっぱ、最短撮影距離1mはイカスぜ。

それとVAIO typeUが微妙にイカス。
昨日それが頭の中を駆け巡っていました。
ただオッサンが求めるMOVE、Photo的には良い塩梅だけどPDFを見るのに一苦労そうなので、それならLet's Noteの方がイイやって感じでの堂々巡り。けど常時持ち歩けるのってイイよねって感じで振り出しに戻り、やっぱり壊れたとき自分で修理できる自作のディスクトップだよねとスタートに逆戻り。

んで、結局やっぱりSony αだいね。ということで落ち着きました。
[PR]

by alpha7d | 2006-05-19 17:31 | オリンパス E-1

ソニーαのページでヒゲの泉さんが   

a0003746_165646.jpg

a0003746_16561329.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

ソニーαのページで「α」の使命と理想が更新されていましたが、ヒゲの泉さんはソニーに移ったんですね。新天地でもガンバってほしいものです。
見てみると「すべてのラインナップで手ブレ補正を視野に入れて開発」とか、ソニーα一号機については「AE(自動露出) 系の新しい機能」「手ぶれ補正の機能強化」「低消費電力」なんぞがが書かれています。

AE系の新しい機能よりもAF性能のアップを希望したいのが本音。あと、ボディはそこそこ見通しがつくのですが、レンズやアクセサリーはどらが登場するのか不安と期待がもっさり。
当初はマクロレンズだけ押さえておこうかなと思ったりしています。

さて、今月中か来月になりますがアクセスが20万件に達するカモです。
毎度のことですが企画とか考えていませんが、微妙なサプライズですが、新たな事でも始めようかなと思っています。
[PR]

by alpha7d | 2006-05-17 17:13 | オリンパス E-1