カテゴリ:ソニー α700( 25 )   

α700の縦位置グリップについて   

a0003746_17232288.jpg

a0003746_17233142.jpg

a0003746_17233685.jpg

ソニー α700+ソニー 100mm F2.8 Macro

D300の縦位置グリップ(ニコン的にはバッテリーグリップ)は電池室に入れる突っ張りがないから、バックの収まりがよく、扱いやすそうだなと思っていたら、カメラ底面のカバーを外して取り付けないといけないようですね。
その外したカバーを、縦位置グリップに収納。なんだかE-1みたい(E-1は電池室の蓋だね)でイヤンな仕様だ。

たった一つの小さな事ですが、実際フィールドに出向くと大きな事になったりします。
取り外し時、落としたりして無くしたりしないだろうか。取り付ける前に外さなくちゃと、使う側の負担は意外と大きい。
ず~っとカメラに付けていればいいのですが、カメラの電池を抜く必要もなく、出っ張りが無くカメラバックの収まりも良いのでオッサンなら必ず、付けたり外したりすると思うのでそう考えてしまいます。

やはり最も完成度の高い縦位置グリップは、α-7(銀塩ね)用の縦位置グリップですね。
接点部がスライドになり取り外しは不要。カメラの電池を抜くことなく縦位置グリップを取り付けることができました。縦位置グリップにバッテリーを入れなくても使えるし。
んなことで、理想的な縦位置グリップは未だにα-7のVC-7だったりします。

さて、α700の縦位置グリップはどうでしょう。

a0003746_1864881.jpgやはり一番気になるのはこの出っ張り。出っ張りさえ無ければといつも思ってしまいます。
あとカメラの電池を取らなければならないのも面倒です。

a0003746_188484.jpgカメラの電池室カバーは縦位置グリップのポケットに収まります。
これで電池室カバーも取り外せなんて言われたら泣きそうです。

a0003746_18103449.jpg縦位置グリップのバッテリー室には、かまぼこ板の上にバッテリーを載せて収納します。
2個載せることができますが、1個でもOK。左右どちらに載せてもOK。
カチッと収まるので、かまぼこ板からバッテリーは落ちません。

a0003746_18171812.jpgこのかまぼこ板、板の下を見れば分かるとおり、電池室に入れる方向が決まっています。縦位置グリップの電池室に入れるとき意外と気づかずムカつくポイント。

a0003746_18194152.jpg両方入れるとバッテリー量が液晶モニタの左下に表示されます。
ちなみにバッテリーの選択はできません。バッテリー1が電池切れになると自動的にバッテリー2に切り替わります。

a0003746_1823527.jpg(C)カスタムボタン、(Fn)ファンクションボタンはカメラの位置に比べ親指に近い位置のため、親指の動きが大きくなるのはご愛敬。
それを除けばベリーグッドな操作性。チョイ高性能なコンデジ一台分の価格ですがコリャ買いだね。

欲を言えば露出補正ボタンはシャッター側に有った方が良かったのになと思ったりしました。
やはり花撮りには縦位置グリップが有った方が圧倒的に気持ちよく撮れなますな。
[PR]

by alpha7d | 2007-12-12 18:35 | ソニー α700

いつの間にか値段が   

a0003746_16232465.jpg

a0003746_16233332.jpg

a0003746_16233945.jpg

α700
1~2枚目:SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
3枚目:SONY 100mm F2.8 Macro

6月27日から始まったデスマーチも峠を越え今月中に終わりそうです。半年もかかるとは、長かった・・・

α700を発売日に買ったのはいいものの使える時間が無く、発売日買わなくても良かったなと思い、ふとα700の値段をチェックしてみると嗚呼愕然。安くなっている・・・
1ヶ月経った段階で値下がりが始まったみたいですね。
個人的に店頭小売り価格が15万円位なら買い得感があると思ったいましたがそれを上回る安さ。
どこまで下がるのか楽しいような悲しいような。

で、更に安くなってきたのがEOS 40Dで10万円と以前ならエントリー機のお値段。
キッスペケが5万円台なので、エントリー機の主戦場もジワリジワリと下がり入手しやすくなったことはいいことです。
これでフルサイズ機の価格も更に下がり、α700くらいの価格で購入できる時代が来るのではと思ったりします。
[PR]

by alpha7d | 2007-12-11 17:09 | ソニー α700

七五三でα700   

今日は長男の七五三です。
ファミリーフォトでもα700は大活躍です。
α700を購入し一番懸念していた事と言えば、嫁さんにα700を買った事がバレないか心配でしたが、バレず一安心。無用な争いは避けられました。これで色々な行事にα700を連れ出しても大丈夫。

カメラは黒くて似たようなデザインだから興味のない人には分からないと思いますが、でもPMAで発表されたαフラッグシップの尖り頭だと確実にバレそうです。
妻帯者最大の難関突破と相成り候。

a0003746_22111587.jpg
さて、外付けフラッシュを買うと必ずやりたくなるのがバウンス撮影。フラッシュ撮影で天井バウンスを行うと堅い光が柔らかくそして光が回るので、「フラッシュで撮りました写真」という印象から脱し「自然な写真」を撮ることが出来ます。

昔なら調光補正やらマニュアルと頭を使って撮ったものですが、何も考えず、ただ絞りを決め、フラッシュを炊いただけで全部のカットは成功しました。
以前からα100のフラッシュ調光性能の良さを書きましたが、α700も出来が良く、簡単に撮れるようになるとは嬉しい限りです。

今日は室内フラッシュ撮りだけでしたが、花撮りでは日中シンクロが重要になってきます。またワイヤレスフラッシュについて後日、更に突っ込んだ内容を掲載したいと思います。

a0003746_22142529.jpg
続いてはオートフォーカス。
α-7D、α100と使い続けてきましたが、α700は明らかに別次元の世界です。
素早くそして正確。
中央以外のセンサーはラインセンサーなので中央のダブルクロスセンターに比べ非力さを感じますが、意外と使えました。

ちなみに横線のセンサーでは、横の線をAFでピント合わせするのは難しいですね。これでクロスセンサーなら縦線のセンサーが有るので横の線を検出できます。
横線のセンサーで横の線をピント合わせするならカメラを少し傾けピント合わせするというα-7000時代のテクを今になっても行わなければならないとは問題。
α700の後継といわず、今後登場するα一眼には全センサーをクロス化して欲しいと思ったのでした。

a0003746_2212798.jpg
今日も簡単にα700の感想を簡単に書いてみましたが、明日天気が回復するようなので撮り行ってみようと思っています。
少しずつですが、α700の感想を今後も書いていきたいと思っています。

撮影機材:ソニー α700+ソニー バリオゾナー T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
[PR]

by alpha7d | 2007-11-11 22:16 | ソニー α700

始まりが始まった   

a0003746_17444569.jpg
ソニーα700+ソニー 100mmF2.8 Macro

いや申し訳ありません。色々諸々ありまして。
それにしても更新していない方がアクセスが多いというのは何事?

a0003746_17231481.jpg今月に入りPCの不調が激しくなってきたので、PCを新調しました。今までPentium4の3GHzでしたが、今度はCore2Duoの3Ghz(E6850)機を自作しました。
同じ3GHzですが、やはりCore2Duoは速いですねPhotoshopやSILKYPIXがサクサク動いてくれるので、RAW現像でストレスを感じずにすみそうです。


さて、α700。昨日、早速1時間ほど撮影してきました。
残念ながらヤマダ発注の縦位置グリップは未だ届かず、ボディ単体だけの撮影を行ってきました。

α100名物であるノイズのおかげで、高感度撮りが多くなる温室撮りを避けてきましたが、α700はノイズが低減されているということで温室撮りをしてきました。
言うまでもなくα700では高感度撮りでも十分使えるなという感じです。これからは苦手だった温室撮りが楽しめそうです。

さて、α700を使ってみた感想を一言。
「気持ちいい」
「ずっとシャッターを切っていたい」
そんな気分です。

温室内で初めてシャッター切った瞬間。「何これ」という感動。快適なシャッター音と短いシャッタータイムラグ。軽いミラーショック。短い消像時間。今まで使ってきた中級機αの中で最も完成度が高いといえるのではないでしょうか。
もの凄く気持ちよく撮影できる。そんなカメラです。

今日はあいさつ程度に、α700の第一印象だけ書きましたが、次回から花撮りの視線から各機能についてアレコレ書いてみたいなと思っています。

a0003746_1746933.jpgもうフィールドには花は少なくなり、温室でしか花と巡り会えなくなってきました。
でも低ノイズのおかげで今年の冬はα700と温室巡りが楽しめそうです。
もうマックスコーヒーの季節。もうちょっと早く発売されていたら良かったのにと思いつつと記念撮影。

[PR]

by alpha7d | 2007-11-10 17:49 | ソニー α700

もう秋だモー   

a0003746_1735638.jpg


なんだかα700の評価を見てみると一部で、愛憎渦巻く世界を散見することが出来ます。
ミノルタ恋しやソニー憎しや。受け入れられないαを取り巻く現状。まさに昼ドラ。

コニカミノルタの撤退時、手持ちの機材を一部残して売り払い、ソニーユーザーとして一からαを揃え始めた私ですが、同じαユーザーでも毛色が違うのよね。
なんだかオリンパスユーザーであってもαを使っているからオリンパスユーザーとして認められないのと同じ感じ。オッサンはさてどのユーザーなのでしょう?真ん中とってニコン?D300イイね。フフフ。

雑誌の扱いもシェア同様少なめ風味のα700ですが、ライブビューとか、ミラーアップで10コマ/秒撮りとか、飛び道具が無い分地味な印象に写ってしまいますが個人的には概ね満足な内容。値段がこれで149,800円なら納得といったところなのですが。

α-7以降退化はあっても進歩がなかった。基礎体力というかカメラの基本部分が大幅に良くなり、これからですねソニーは。
ちなみに、α700と40Dのシャッター音がネットに有ったので聞いてみると、α700はかき氷を削る音、40Dは道路工事の音といった印象。

そんな発売が楽しみなα700ですが、更に届くのが楽しみなiPod touch。
刻印したので来週に遅れて届きますが、Windowsに繋がらない嫌がらせウィークも終わった後なので安心して繋げます。

んなことで、自宅が有線環境だったのでHi-Fiが必要なためバッファローの無線LANルータWHR-HP-Gを購入しました。
これで自宅に有る2台のPCが子供に占拠されても、ちょい調べ物が発生したときでも大丈夫カモ。ダメ?

で、バファローと言えば、お昼休みの友にと以前ワンセグチューナーを購入し受信出来なかったことを書きましたが、自宅では何故か受信出来るようになりました。
じわりと明るい農村にもデジタルのデムパが届いているようです。ただ日テレだけは受信出来ません。

と、いうことでタイトルちょっと文字数増えました。
[PR]

by alpha7d | 2007-09-29 17:08 | ソニー α700