カテゴリ:ソニー α700( 25 )   

今日は休日出勤   

a0003746_16595977.jpg
ソニーα700+ソニー100mmF2.8 Macro
今日休日出勤は私だけ。
廊下も薄暗くなり、風でシャッターがガタンと音もして怖い!
恐がりなので、とっと帰ります。
[PR]

by alpha7d | 2008-03-20 17:07 | ソニー α700

寒牡丹   

a0003746_17575392.jpg

a0003746_1758317.jpg

a0003746_17581342.jpg

ソニーα700
1,3枚目:ソニー Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
2枚目:ソニー 100mmF2.8 Macro
[PR]

by alpha7d | 2008-03-15 18:00 | ソニー α700

夜明け   

a0003746_16485050.jpg
ソニーα700+ソニー100mmF2.8 Macro

早朝ゴミ出しにいく時見つけた被写体。朝焼けの中写してみたい衝動に駆られα700、100mmマクロ、フラッシュ、アングルファインダーを除湿庫から引っ張り出して現場に到着。
この間5分ほどですが、太陽は凄いスピードで地平から上へ昇っていた。
ネイチャーは時間勝負というのを久しぶりに思い起こさせました。

さて、今日LUMIX DMC-L10が届きました。
私が使っているカメラメーカーはソニーと新たにパナソニックが加わりました。
両社とも老舗のカメラメーカーでなく、家電メーカーというか新参メーカーですね。10年前の自分にソニー、パナソニックを使っている言ったらどう思うでしょう。
たぶん絶対信用しないでしょう。ミノルタが消えたことも。

以前書いたとおり広角~標準域をフォーサーズ。標準~望遠域、マクロをαに担当させようと考えています。
L10の事については後日ゆっくりと。
a0003746_1761558.jpg

[PR]

by alpha7d | 2008-03-13 17:52 | ソニー α700

ツアイス バリオゾナー16-80mmのボケ   

a0003746_17121284.jpg

a0003746_17122055.jpg

a0003746_17122745.jpg
ソニーα700+ソニー Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA

穏やかな、芳醇なボケ描写は撮り手を夢の世界へと誘う。

35mm換算で24-120mmと高倍率、しかもサイズはミドルクラスとしては小さい方。
そのため弱点もあるが、トータルで見ると完成度は高いレンズだと思う。

α700の小気味よいシャッター音と、このレンズの映し出す描写は、写欲を更にかきたててくれる。
[PR]

by alpha7d | 2008-03-12 18:18 | ソニー α700

今日は庭の花を撮りました   

a0003746_15503824.jpg

a0003746_15504962.jpg
ソニーα700+ソニー100mmF2.8 Macro

BlogやWEBコンテンツに掲載している写真に、写真コンテストのように使用機材、F値・シャッタースピード、レタッチの有無など事細かに載っているパターンを多く見かけます。
また、工夫して撮ったと感じる写真のコメント欄に「どのように撮ったのか」という質問が多く見られます。

絞り、シャッター速度、撮影データ、撮影状況、レタッチのやり方等々が載っているのは大変親切だと思のですが、逆に見ている人のイマジネーションを損ねてしまうよなと感じてしまいます。

デジタル一眼レフはコンピュータの周辺機器という捉え方をしている人も見られ、撮影データどおりに撮れば、Excel・Wordの様に同様な結果。すなわち同じ様な写真が撮れるのではないかとう思い込みも散見します。
カメラの設定は、被写体、天気、太陽の位置、様々な要素が絡まる中でAv・Tv・ISO等の設定は決まります。

上の写真は少し花撮りしている人なら簡単に答えが解けます。至極簡単です。
スイセンの周辺がぼけているのは何故か?ポピーの蕾の背景がカラフルなのは何故なのか?

よく写真のステップアップのためEXIFデータを載せるべきだという意見も見受けますが、そこまで親切丁寧にする必要もないだろうと考えます。

まず、写真を上達したいなら、考えることが一番重要です。

この写真はどのような時、場所、天候、そして撮り手はどのように撮ってやろうかと考えているか。想像を巡らせてみれば意外と簡単に答えは見えてきます。
ただ最近はレタッチ要素も加わってくるので、難易度は少々高くなっていますが。

その前に基礎を養うためにも本を読んだり、余裕が有れば写真教室に通った方が良いですね。
よく1冊の本を読むより、100枚シャッターを切った方が良いなんて話もありますが、何事においても基本は重要。
とりあえず「入門」と書いてある本を読んでみて、それから実践を積み重ね、失敗を積み重ねて分かるようになるのだと思います。
何事においても近道というものは無いと思います。

あと、プロの写真ばかりでなくコンテストなどの写真を見ているといろいろなヒントが隠されています。古本屋で一冊100円ほどの雑誌でも購入し写真を多く見ることをおすすめします。
今まで撮り方が分からなかったや、やりたかったことが、一枚の写真がヒントになって今まで分からなかったことが紐解かれるケースがあります。

写真は「撮る楽しみ」と、「見る楽しみ」そして「考える楽しみ」が有ります。
人の写真を見てヒントを得たり、イマジネーションを広げることで撮る糧になります。

現在のカメラはシャッターを切れば簡単に綺麗に撮れる時代になりました。ただピアノのように鍵盤を弾けば音はしますが上手に弾けるとは限りません。写真もシャッターを切れば自分のイメージ通りの写真にはなりません。
撮影データよりも考えることに重きを置くと更に写真が上達し、写真が楽しくなるのではないのかなと思いました。
[PR]

by alpha7d | 2008-03-09 18:08 | ソニー α700

今日の昼飯   

a0003746_17424650.jpg

ソニーα700+ソニー100mmF2.8 Macro

今日は仕事の関係で、鷲宮神社の近くまで行ってきたので、帰りリンガーハットでチャンポンを食べてきました。
1ヶ月に一度はちゃんぽんを食べたくなります。

今までマックコーヒーを飲んだことがなかったので試してみましたが、やはりコーヒーを飲む時は陶器のカップでないとダメですな。
先週スターバックスでコーヒーを飲みましたが、相変わらずの使い捨てコップ。熱いので厚紙というかダンボール状の物が巻かれ、なんだかダンボールコーヒー的な風情。
だから私はドトールで飲むことが多いのです。

実は35歳までコーヒーを飲むことが出来ませんでした。飲むと熱が出るんですよ。
体質が変わったというか、オッサン体質になったのか、今はコーヒー好きで朝、昼、15時と、一日三杯飲むのが日課になってきました。
酒、たばこ、ギャンブル、生臭行為をしないので、数少ない楽しみですね。って言うかカメラ趣味が実は一番金がかかるような気が・・・

さて、物欲がリフレインしていましたが、ようやく答えが出ました。来週からそろそろ本格的な春に向け通帳預金が減る活動に移りたいと思います。

a0003746_17471716.jpg

[PR]

by alpha7d | 2008-03-08 18:06 | ソニー α700

α350発売で液晶モニターを考える   

a0003746_17285427.jpg

a0003746_172936.jpg
ソニーα700+ソニー100mmF2.8 Macro

オッサンの必勝パターンはローアングル・ローポジションでパシャ!という撮り方。
自ずと地面に這いつくばって撮るケースが多くなるので、今日発売されるα350が欲しくなったりするのが人情。

ただ、液晶モニタが上下180度しか動きません。ちなみにE-330は135度。
上の写真を見れば分かるとおり縦位置での撮影が圧倒的に多い花撮りでは上下方向の動きだけでは有難味は半減。

ローポジション&ローアングル&縦位置で撮るとなると、目線を低く下げなければなりません。
光軸上にないからダメだと一部の方に不評のE-3やL10ですが、絶対フリーアングル液晶の方が便利。
クイックAFライブビュー(フルタイムライブビュー)とフリーアングル液晶の組み合わせを是非実現して欲しいなと思ったりする今日この頃です。
[PR]

by alpha7d | 2008-03-07 18:18 | ソニー α700

え!挽肉より軽い!と、α700のDレンジオプティマイザー   

a0003746_17592753.jpgオリンパスからE-420とパンケーキレンズが発表されたみたいですが、この組み合わせで軽快にスナップと洒落込みたいところですね。金が有ったらオッサン買いたいものです。

ZD25mmF2.8ですが、ご存じの通り35mm換算で50mm。古より培われてきた標準という名の画角故に、気持ちよくスナップが出来そうでございます。
レンズの重さが95g。スーパーの挽肉100gより軽いのかと思うとオッサン驚き。
E-420(380gバッテリー無し)と組み合わせても500g以下。コンデジみたいなサイズとはいきませんが、いつもカメラを連れ出せそうですね。

ただこの25mmF2.8。距離目盛りが無いのですね。
事前に距離を設定し、一気にパシャ!という遊びが出来ないのは寂しいところ。
定価が47,500円(税込49,875円)。値段も少し軽めだったらとポツリ。

さて本題。
α100を使っていた時、あまり効果を体感できなかったので使わなかったDレンジオプティマイザーでしたが、α700になってからアドバンスレベル設定で撮ってみると差を感じるようになったので、最近では住宅撮影など仕事で撮る時は活躍しています。
明暗差を解消したい時、レタッチで解決する策は色々ありますが、手間がかかるので簡単に仕上げたい時便利です。

今日は撮り比べをチョイ紹介。
ちなみにISOは200。レンズはVario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZAです。
上からアドバンスオート、レベル設定Lv3、Lv5です。
a0003746_17535692.jpg

a0003746_1754521.jpg

a0003746_17541468.jpg

この写真をコントラスト上げたり少し手を加えると使える写真になります。
[PR]

by alpha7d | 2008-03-06 17:59 | ソニー α700

「三すくみ」な日常。   

a0003746_1819368.jpg

a0003746_18194972.jpg

a0003746_1820255.jpg

ソニーα700
1枚目:ソニー Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
2~3枚目:ソニー 100mm F2.8 Macro

何というかMac、E-3、αのレンズ、何れを買おうか未だ結論が出ない今日この頃。

MacBookを今まで買い控えていたのは、たぶんマルチタッチトラックパッドが採用されると思っていたのですが未採用。買う買うアドレナリンが減少の一途を辿りながらも、裁断機を買い書籍を本格的にPDF化しているので、有った方が良いなと思ったりする。
あとWin軍団の教えてクレクレがウザイので、オラMacだべ攻撃で交わしたい昨今。

今年はもっと写真を撮らねば、PCなんてWinだけで十分だよなと考えたりすると、次のステージに移ります。
やっぱり、ライブビューが有れば便利だよなと思うこと有り。さらにバリアングル液晶なら便利さ楽しさ120%アップだよなとE-3の事を思い出してしまう。レンズシステムは完成しているし。
店頭でE-3を触ってみると俺のために造ったのかごとく手にフィット。コリャオッサン感激だべ。
このカメラを使い、ああやって撮って、こうやって撮ってと、わくわく感がじわりとオッサンの内部で熟成中。

でもやっぱりカメラを2台カメラバックに積めて出かけるとフットワークが悪くなる。
カメラ積むならレンズを多く積みたいというのが本音。2つのシステムを堅持するのはコストがかさむので、できればα一本で済ましたいけどシステムがまだまだ整っていないのが現実。
でもαレンズの描写は最強なんだよね。

だけど、写真を撮ってばかりしていても飯の種にもならない。今年はWebコンテンツの制作を勉強する元年。新しいことを始めるのだから今まで使ったことのないMacを導入し、Web作りの勉強をしなければと、先頭に振りだし。

これを毎日何周もグルグルしているのだから疲れます。
今週中に答えを出さねば。
[PR]

by alpha7d | 2008-03-04 18:23 | ソニー α700

ISOは縦表示されないのよね   

a0003746_17292335.jpg

ソニー α700+ソニー 100mm F2.8 Macro

a0003746_17332488.jpgα700はカメラ上面に液晶表示パネルは無く、背面の液晶モニタで撮影情報を見ることになります。

a0003746_173468.jpgカメラを縦にすると縦に表示され見やすくなっています。
これはシャッター位置が上、下でも同様の見え方になります。

a0003746_17352779.jpgさてここからが問題。
よく使うISOの設定時、というか他の設定でも同じですが縦に表示されません。
これは縦位置撮りを多くする花撮りマンにとってチョイ使い勝手がよろしくなかったりします。

ちなみに液晶パネルに写りこんでいるカメラはFinePixF31fdです。


ISOの設定は、ISOボタンを押す、またはカスタム設定で(C)カスタムボタンをISOに設定すると、カスタムボタンがISOボタンになります。
そして前後ダイヤル、マルチセレクターを上下することでISOを設定する事が可能です。
前後ダイヤルは、ISO100-200-400というステップで、マルチセレクターの上下は、100-125-160-200-250-320-400と細かなステップ設定が可能です。

縦位置コントロールグリップを握ったとき、ISOボタンはカメラ上面と遠く指が当然届きません。
そのため、カスタムボタンをISOボタンとして使います。
さて、縦位置撮影時ISOを細かなステップで設定しようとすると、縦位置グリップのマルチセレクターを上下しても設定できず、画面表示撮りの左右で設定することになります。

縦位置撮影の多い花撮りマンにとっては、縦位置グリップは必需品です。
そのため、縦位置グリップのマルチセレクター操作は横位置とは違った操作となるため、しっくりこない操作性となってしまいます。
前後ダイヤルだけで使えばいいじゃないかとお思いでしょうが、細かなステップで設定したくなるのが人情。

カメラ本体だけで縦位置撮影するのであれば迷いは無いので良いとは思いますが。

重箱の隅を突っつくように感じられますが、せめてファインダーを覗きながら設定するケースの多いISOは横位置同様の操作性を実現して欲しかったのでございます。
次期機種では是非とも改善して欲しいところです。
[PR]

by alpha7d | 2007-12-13 17:56 | ソニー α700