ようやく復帰   

a0003746_16101651.jpg

a0003746_16102492.jpg

a0003746_16103333.jpg

a0003746_16104238.jpg

a0003746_16105237.jpg


かなり忙しくなってしまい更新できず申し訳ありませんでした。
一応一段落ついたので、通常営業を始めたいと思います。
事の顛末については後日掲載したいなと思っています。
と、いうことで今日は旬の花を。

それはそうと、動画が撮れるマイクロフォーサーズ機「DMC-GH1K」がついに10万円割れに突入ですね。
随分前から価格の変動をウォッチしてきました。
ちょっと前まで最安値12万円台から価格の変動がなかったのですが、12万円台を下回った頃から一気に下降し、ついに大台を超えました。

やはり静止画だけでなく、動画も撮れると楽しさ、表現の幅が広がります。
10万円を下回ったら購入したいなと思っていたので、そろそろ購入の軍資金集めに奔走したいなと思っています。

さて、今日掲載されている写真は全部α700で撮ったものです。
最近α900ばかり使っていますが、APS-Cフォーマットの世界に戻ってみようとα700を連れ出しました。
明後日発売される50mmF1.8SAM、それと秋発売予定の30mmF2.8Macro、タムロンの60mmF2.0マクロと、APS-Cフォーマットでは面白そうなレンズが目白押しです。

フルサイズは金銭的にキツイので、APS-Cフォーマットに戻ってやろうと考えましたが、やはり一度フルサイズを味わうとフルサイズ以外では厳しい体になってしまいました。
メインレンズの100mmマクロも、距離感などがズレ使っていると違和感を覚えます。あと、ファインダーも狭くなり、少々扱いづらく感じました。

ソニーから、価格的に優しいミドルクラスのフルサイズ機が登場して欲しいものです。
もし登場すれば、本当の意味でのα-7(銀塩よ)の後継機種ですね。
[PR]

by alpha7d | 2009-06-23 17:57 | ソニー α900

<< ネジバナの季節 キング・オブ・ファミリーカメラ... >>