今日はα-7でパシャパシャ   

a0003746_17322297.jpg

ZUIKO DIGITAL ED50mmF2.0 Macro

今日は珍しくα-7(銀塩だよ)とE-1を持って花園に行ってきました。
ところが、E-1のメディアを忘れてしまいデジカメでは撮れず、リバーサルフィルムだけで撮ってきました。ちなみにフィルムはフジの新型(田舎だから売ってないんですよ)じゃなくトレビ。

いや~α-7の大きくキレのあるファインダーは気持ちいいものです。
100mmマクロを通して映し出される像を見ているだけでほれぼれしてしまいます。
E-1のファインダーはやはり小さいなと思ったりした。

ところが、E-1に飼い慣らされていたせいか少々操作性に不満が発生。
露出補正を直すのを忘れる現象が多発。一体何が原因か?
ただ単に、E-1では露出補正するとインジケータが表示されるのですが、補正無しでは表示無し。α-7の場合はインジケータが常時表示されていると言うこと。

ほんのちょっとのことですが、これはすごく大切なことです。
α-7D(仮称)には是非E-1と同じようにしてもらいたいですな。
なんだかんだ言いながらE-1のインターフェイスは優れものではないかなと思ったりしたのです。
[PR]

by alpha7d | 2004-07-26 17:33 | 今日の一枚・日記

<< スズメバチと戯れてみる デジ眼はやっぱり速写性に優れるな >>