αフラッグシップ機の記事が   

a0003746_163379.jpg

a0003746_1632157.jpg
ソニーα700+ソニー100mmF2.8 Macro

昨日So-netブログの方でも扱いましたが、そろそろ登場するカモのαフラッグシップ機のことが【インタビュー】2008年の戦略を訊く[ソニー編]で、言及されていました。

個人的にもっとも気になるところは「価格」です。
それについて以下のようなコメントが。
現在、フルサイズセンサー機には2つの価格帯がありますが、では上の方か下の方かというと、プロ以外のユーザーにも使って欲しいので、それなりの価格、つまりアマチュアの方にも無理せず購入できる価格にしたいと考えています。現在発売している製品よりは高価になりますし、格安で販売することはありませんが、“高い”という価格にはしたくありません。


あとサイズについて
具体的な数字は言えませんが、α700とどちらを使うか迷うぐらいのサイズや重さになります。写真で見るとペンタ部が大きいため存在感がありますが、実はそれほどボディ部分のサイズは大きくないんです。

花撮りは以前から言っているとおり、地面をはって撮るケースが多く、非常に窮屈な姿勢で撮影するケースが多いので、軽量と言うだけでありがたいものです。
私の場合は更に手持ち撮りなので尚更そう思います。

フルサイズセンサー機のそう高くない価格とは言っても、価格が分からないと少々不安。
あとフラッグシップ機がα700登場から短い期間でどれだけ進化できるのかソニーの底力が試されるように思えます。

ただフルサイズセンサー機を購入できたとしても、レンズをどうするのか、悩みつきない今日この頃でございます。
[PR]

by alpha7d | 2008-04-29 16:19 | ソニー α700

<< 今日は牡丹を撮ってきました ようやく引っ越し先が見つかりました >>