え!挽肉より軽い!と、α700のDレンジオプティマイザー   

a0003746_17592753.jpgオリンパスからE-420とパンケーキレンズが発表されたみたいですが、この組み合わせで軽快にスナップと洒落込みたいところですね。金が有ったらオッサン買いたいものです。

ZD25mmF2.8ですが、ご存じの通り35mm換算で50mm。古より培われてきた標準という名の画角故に、気持ちよくスナップが出来そうでございます。
レンズの重さが95g。スーパーの挽肉100gより軽いのかと思うとオッサン驚き。
E-420(380gバッテリー無し)と組み合わせても500g以下。コンデジみたいなサイズとはいきませんが、いつもカメラを連れ出せそうですね。

ただこの25mmF2.8。距離目盛りが無いのですね。
事前に距離を設定し、一気にパシャ!という遊びが出来ないのは寂しいところ。
定価が47,500円(税込49,875円)。値段も少し軽めだったらとポツリ。

さて本題。
α100を使っていた時、あまり効果を体感できなかったので使わなかったDレンジオプティマイザーでしたが、α700になってからアドバンスレベル設定で撮ってみると差を感じるようになったので、最近では住宅撮影など仕事で撮る時は活躍しています。
明暗差を解消したい時、レタッチで解決する策は色々ありますが、手間がかかるので簡単に仕上げたい時便利です。

今日は撮り比べをチョイ紹介。
ちなみにISOは200。レンズはVario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZAです。
上からアドバンスオート、レベル設定Lv3、Lv5です。
a0003746_17535692.jpg

a0003746_1754521.jpg

a0003746_17541468.jpg

この写真をコントラスト上げたり少し手を加えると使える写真になります。
[PR]

by alpha7d | 2008-03-06 17:59 | ソニー α700

<< α350発売で液晶モニターを考える 「三すくみ」な日常。 >>