三桁の方がステキ   

カメラの性能の差が写真の決定的差でないことを教えてやる。
って言うより
このE-1とα100とてワシと百戦錬磨の戦いの中をくぐり抜けてきたのだ。にわか作りのニコンのカメラなど、一撃で倒してみせるわ・・・
こんにちは、補給部隊のガデムです。
a0003746_17315610.jpg
何を書いているのか分からない方はスルーのほどを。
まぁ冗談はさておき、フルサイズのD3はそれほどの驚きはありませんが、噂でその性能を見聞きしていたニコソD300の方ですが、実際発表となると衝撃を強く感じてしまいました。
昨今登場したカメラの中で最もインパクトのある機種だなと。

これほどのスペックは凄いなと思っていましたが、なるほどと思ったのは、DXフォーマットのフラッグシップであるということ。
ハイアマでなく、フラッグシップ。D200の後継ですがDXフォーマットであるD一桁モデルのポジションを担う機種でもあるわけですね。

だからスペックだけでもお腹いっぱいな性能。D2Xsを凌駕していますね。しかも視野率100%。
20日発表されたEOS 40Dと比較するのは無意味。クラスが違う。当然満腹感も違う。

昨日今日と、コンパクト機だけしか発表していないソニンとオリンパスですが、一眼レフの発表はいつでしょうか。
D300を超えるインパクトのある機種の登場を期待したいものです。マジで。

a0003746_1733932.jpgそれにしてもD300は測距点が多すぎ。選択するのも一苦労な感じ。大変だね。
E-1の17倍。E-1は3つだからすごく楽だよ(;_;)
[PR]

by alpha7d | 2007-08-23 17:35 | 今日の一枚・日記

<< 多汗な年頃 ハイアマはAPS-Cですか? >>