等倍撮りできる超望遠ズームとな   

a0003746_17472219.jpg

a0003746_17472996.jpg

オリンパス E-1+ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

a0003746_18122674.jpg唐突と言うか、何の前触れもなく、既に発表はしていたものの今日ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6の詳細・発売時期の発表がされました。

当然オッサンの目がいく場所は、最短撮影距離。
AFでは1.2mまでですが、MFでは0.96mと寄れます。んで35mm換算で等倍まで撮れるというのですから驚き。


ただ35mm換算で600mmの等倍マクロとは実用可能なのか分かりません。
ファインダーは凄まじいほどの揺で、めまいを誘発しそう。手持ち撮りよりも三脚を使ってガッチリ固めて撮らないと実用的ではないのかもしれません。
ボディ内手ぶれ補正搭載とはいえ、ファインダーが揺れると厳しいですから。

他社であればミドルクラスというか、オリンパス弁で言うところの竹クラス同等のレンズでしょう。
重さも620gと梅というか竹の重さ。最大径も80cmと極太。ニコンのAF-S VR 70-300mm F4.5-5.6と同じ。フィルターサイズだけは梅クラス。あと値段も梅クラス。
ED 50-200mm ジュニアと言えるほど。

このレンズを使って、あの撮り方で、あの被写体が撮れるなと、今から脳内からドーパミンが出まくりの発酵気味。
ただ発売が秋なので今夏のシーズンは逃しますが、超望遠レンズとしては軽量・お値段お手頃・マクロも撮れちゃうのだから買いたい気分はレッドゾーン。
10月っていうと、E-1後継と同時発売か?

んなことより、防塵防滴して竹レンズとして売って欲しいぞ。
[PR]

by alpha7d | 2007-06-26 18:24 | オリンパス E-1

<< あじさい寺へ行ってきました 梅雨の青空 >>