梅雨の青空   

a0003746_17371441.jpg

a0003746_17372281.jpg

オリンパス E-1+ズイコーデジタル 11-22mm F2.8-3.5

今日は梅雨とは思えないほど綺麗な青空。
一枚目の写真の花、タチアオイは梅雨と同時に咲きだし、花は下から上へと咲いていきます。そして、上の花が咲く頃梅雨が明けると言われていますが、今年はカラ梅雨だと天気予報では言われています。
オッサンは断水など水で苦労したことはないのですが、一番水が必要な夏に水が使えないのは大変です。

それはそうと、毎年のように四国、愛媛県の早明浦ダムの水が・・・ と、放送されいるような気がします。
愛媛ってミカンと考えが浮かびますが、それと早明浦ダムの底に沈む旧大川村役場の建物を連想してしまいます。

そんな昨日、午前中は曇りの予報でしたが、朝から雨。
やはり当たらないな天気予報。
曇り空だからアジサイでも撮りに行ってこようと思ったのですが、雨なので断念。

E-1と松・竹レンズは防塵防滴だから、雨の中でも撮影は可能ですが、如何せん雨の中でのレンズ交換はムズイ。
マクロレンズ一本で勝負なんて短期決戦的には雨の中でもいいのですが、長丁場の撮影では絶対レンズ交換をしたくなるので、また曇りになったら撮りに行こうかと考えた次第。

んなことを考えていると、オリンパスは竹クラスのマクロズームなんてものを発売してほしいなと思ったりしたのです。
ニコンではディスコンとなりましたが、売れないレンズなんでしょうね。
べつに35mm換算で等倍まで撮れるようにとは申しません。雨に強い、接写に強い、望遠寄りのズームを出してほしいもんです。
[PR]

by alpha7d | 2007-06-23 18:02 | 今日の一枚・日記

<< 等倍撮りできる超望遠ズームとな 睡蓮 >>