書店の話   

a0003746_1913787.jpg


今日は書店へ行き目当ての本を探したが結局無く、聞いた事のない出版社の本を購入。
当然写真の本です。
書店で目的の本を探すのは面倒。PCで検索できる書店も有るけど、たいていの書店は店員に聞くか自力で探し出すしかない。

こうなるとamazonで購入した方が圧倒的に便利。
ただ、中身を見て確認し、購入することが出来ないのが唯一の欠点。ただ最近写真集は読めないようにカバーされているので差異はないけど。

カメラ雑誌では写真工業はamazonでしか購入しない。店頭に有っても読み込まれブックオフに置いてある雑誌よりもヨレヨレだ。
そんなヨレヨレの本しか置いてないとき、中身だけチェックしてamazonで買うというケースが非常に多くなってきました。

出版社の天敵ブックオフ。書店の帰り寄ってきましたが、駐車スペースが無いくらいに大繁盛。コリャ出版社の驚異だ。
で、某写真家の本を見つけ一冊購入。スマン写真家さん。

ちなみに、amazonで本を購入したとき届け先は会社。嫁さんは本嫌いなので、また買ったと怒られてしまいます。
ところが会社でも中身が本だと分かると開封するデバガメさんが居るので参ってしまう。

エッチ系の本は買えないのですよ。オッサンの苦悩は続く。
[PR]

by alpha7d | 2007-05-27 19:22 | 今日の一枚・日記

<< アジサイが咲いてました ようやく忙しさから脱却できました >>