今日はE-1で牡丹撮影   

a0003746_18102079.jpg

a0003746_1810341.jpg

a0003746_18115215.jpg

1,2枚目:オリンパス E-1+ズイコーデジタル 14-54mm F2.8-3.5
3枚目:オリンパス E-1+ズイコーデジタル ED 7-14mmF4.0

太陽が出て、青空で、大きな花が有れば太陽を背に撮りたくなるのはいつものパターン。
以前、Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZAの試し撮りの時にも載せた撮り方です。

上、中の2枚はZD14-54mmを使って撮りました。
このZD14-54mmというレンズ、発売当時解像する線が太いとか言われ11-22mmと比べてそれほど評価されないレンズでした。

私もE-1購入と同時に入手したレンズですが、写りの良さに驚いたのは言うまでもありません。
購入時Blogにも、もっと評価して良いレンズだと書いたものです。

チョっと見ると分かりますがほとんどゴーストが出ていません。
太陽周辺部のゴーストらしき点は、レンズ表面に花粉が付き、その汚れが目立ったものです。汚れを拭き取れば、この点々は消えます。
私が所有していたレンズの中でもダントツにゴーストの発生量が少ないレンズです。

さて、今年発表された超音波モーター搭載の標準ズームであるZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDは、高倍率ズームであっても写りがZD14-54mmクラスであれば凄まじいレンズとなりそうです。
このレンズの登場が楽しみです。
[PR]

by alpha7d | 2007-04-26 18:14 | オリンパス E-1

<< バリオゾナー16-80mmで撮... 今日は撮影を楽しめました >>