両システムをどう使いこなそうか   

a0003746_17224567.jpg

a0003746_17225453.jpg

a0003746_172332.jpg

a0003746_17231256.jpg

a0003746_17232565.jpg

オリンパス E-1
1~3,5枚目:ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro
4枚目:ズイコーデジタル 11-22mm F2.8-3.5

先週の日曜から続いた強い風と寒さがようやく落ち着きました。
と、いうことで午後オッサン御用達の秘密の花園で1時間ほど撮影をしてきました。

E-1はピーカンな天気でも階調豊かなに表現でき、色飽和しにくいのがグッドな点です。
また、50mmマクロを使った日陰での撮影では、優しく柔らかい絵が撮れるので好きだったりします。

逆にα100はE-1に比べ、少々色飽和しやすい傾向にあり、露出を落とし込んでも飛んでしまうことがあったりするのでα-7Dの血筋を感じたりします。
オッサンがα-7Dをあまり使わなかった理由としては、100mmマクロのMFの操作性が悪かった点(ソニーブランドになって相当改善されました)と、この色飽和しやすい体質が原因でした。
α100はα-7Dと比べ随分と改善されていますが、E-1と比べると神経質な使い方になってしまいます。

さて、今オッサンはソニー・オリンパスの使い分けとして、マクロ専用システムとしてソニーαを使い、超広角~望遠域までをオリンパスでカバーしていますが、明後日ソニーの標準ズーム16-80mmが届くことで、棲み分けが少々崩れ始めてきました。

またオリンパスから超音波モーター搭載の標準・望遠ズームが登場し、何となく食指が働いています。
はてさて、オッサンはソニーα、オリンパスの棲み分け使い分けをどのようにしていこうか、これが今年最大の難題だったりします。
[PR]

by alpha7d | 2007-03-21 18:07 | オリンパス E-1

<< キラキラ好き 今日はチョっと忙しいです >>