スノードロップの超ローポジション撮影   

a0003746_172762.jpg

a0003746_1721835.jpg

a0003746_1722947.jpg

a0003746_1723959.jpg

a0003746_1724768.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

ソニーはPMAまで発表しないのか?それとも・・・
ミノルタαから受け継いだのか、放置プレイを・・・

さて、スノードロップは小さな可憐な花です。
オッサンは、あの花が咲いているから撮りに行こうというタイプでなく。花がありそうな場所に出撃する。要は花を撮るゲームがやりたくて花の有る場所へ行くタイプです。

そんなオッサンでも春先に撮りたくなるのがスノードロップ。去年は病気で大騒ぎだったので撮れませんでしたが、今年は撮ることが出来ました。

この花背が低いうえに下にうつむいて咲いているのが多く、撮るには苦労します。
地面に体をつけ、花と同じ高さの目線で撮ります。そう寝そべって撮ります。
そんな撮り方をする人も少なくオッサンはいつも鬼気な視線を感じながらの撮影です。

体を地面に付けますから汚れても平気な格好をしなければなりません。
写真を撮るのに格好なんてつけてられませんし、服が汚れるのを気にしながらでは良い写真は撮れません。

E-1にパワーグリップを付けているので、スノードロップよりもレンズ位置が高くなります。
そのため、下からのぞき込むような撮り方が出来ません。

で、一番下の写真はスノードロップよりもカメラ位置を低くするため、にカメラを逆さまにして撮りました。
カメラは泥だらけ、人間も泥だらけ。
花写真を撮る現場は意外とハードだったりします。

[PR]

by alpha7d | 2007-03-07 17:23 | 今日の一枚・日記

<< 早いよ春。遅いよソニーの発表 昨日はオリンパス。今日はニコン... >>