ソニーαの新製品はまだか   

a0003746_1738477.jpg

a0003746_17385751.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

使っていないヒトは少ないと思うけど、αカメラを使っていて頼れる最大の機能は「輝度差表示機能」。当然、入門機のα100にも搭載されています。

この機能は、カメラの露出問題に終止符を打った機能です。
AEロックボタンを押すと、スポット測光機能が働き、スポット測光した部分は測光インジケータに表示されます。この表示を見ることで、どれだけ露出補正をすればいいのか分かる機能です。
当然露出に関する基礎知識は必要ですが。
これを使えばファインダーを覗いている段階で仕上がりが大体分かります。

デジタル時代とはいえ、いちいち液晶モニタを見ながら撮り直していては撮影リズムが狂ってきますし、手間がかかり面倒です。ましてや液晶モニタが絶対的に信用のおけるものとはいえません。

ミノルタ時代から有る機能ですが、ソニーがそれを受け継ぎ、今後も搭載され続けていくと思います。この機能があるからこそ私はαを使っているといえるでしょう。
[PR]

by alpha7d | 2007-03-03 17:53 | 今日の一枚・日記

<< オリンパス E-510 リースじゃないよリークだよ >>