ペンタの明日はどっちだ   

a0003746_20593341.jpg

a0003746_205947100.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

α-100でのマクロ撮りに慣れた体にE-1+パワーグリップはチト重い。
1枚目の写真はZD50mmマクロらしい描写で、穏やかな暖かみのある描写をしてくれます。これで円形絞りなら尚良いのですが。

さて、個人的に待ちに待っていたPFUのドキュメントスキャナScanSnap S500の後継機ScanSnap S510がようやく登場しました。
予想通り、ハードは従来通り変更なし、ソフトで新機能が追加しただけというマイナーチェンジモデル。新しい機能といえばコピー機的なことが出来ることと、スキャンしたものをWord、Excel形式に変換可能という非常につまらない展開。あとAcrobat 8.0 Standardへ変更になったくらい。

発売は2月10日。オッサンは当然買う。2004年にfi-4110EOX3を購入し使ってきましたが、透過テキスト化できないため活用に限界を感じ、使うのを一時止めていました。
また書籍のPDF化に再チャレンジです。

中国産Office互換ソフトキングソフトオフィス2007の記事が掲載されていますが、すでにベータ版をインストールし使ってみましたが、MS Officeと瓜二つのインターフェイス。
家庭で使うレベルならこれで充分のように思えました。

ただ、互換性が配慮されているとはいえ、仕事ではデータの受け渡しとして使うケースも多く不安点も多いので結局MS製品を購入することになるでしょう。
あとマクロなど活用しない、計算主体として活用するには良いかもしれません。

で、やはりというか本音がぽろり。
PENTAXのカメラ事業は、利益が出なければ売ってしまうよという話。
HOYAはカメラ事業がほしくて合併というわけではないので、コニカミノルタの道を歩むのか踏ん張るのか、今後の展開に注目。
もし売却するにしても、日本企業に売ってほしいものです。
[PR]

by alpha7d | 2007-01-23 21:35 | オリンパス E-1

<< ちょっとドッキリ 大寒 >>