あけましておめでとうございます   

a0003746_1548394.jpg

a0003746_15484789.jpg

a0003746_15485560.jpg

a0003746_1549465.jpg

ソニー α100ソニー 50mmF2.8 Macro

昨年7月頃撮影した写真ですが、当時数分撮影しただけで汗びっしょりになったのを思い出しました。
寒くなると暑い日が恋しくなるものです。

私の撮影場所の大部分は、身近な場所、仕事の行動範囲内での撮影がほとんどです。
準備をして遠出をして一日かけて撮影という行為は年に数回ほどではないでしょうか。ましてや泊まり掛けなんてゼロです。
子供が小さいこともあり、勝手に自分だけ写真にうつつをぬかすことは出来ません。
上の写真も仕事帰りに見つけて撮ったものです。

被写体である花は非常に身近な存在なので、年間を通して被写体がゼロになるということはありません。
アマチュアが写真を撮るには最適な被写体だと思ったりします。私のように行動に制約が有るヒトでも十分楽しめます。
冬なので撮る場所・種類は限られますが。

花撮りで楽しい事に一つに撮影場所を探すことです。自分だけの撮影ポイントを見つけたときの喜びは格別です。
去年ロウバイや、ねじ花等々の小さな撮影ポイントを見つけました。今年はその見つけた場所で撮りたいと今からワクワクしています。

有名な撮影ポイントで撮る方が探す手間が無くて楽ですが、有名な場所なので当然カメラ~マンが多くなり、人混みの中撮影するのが苦手なタイプなので行きたくありません。
それと撮っている人の前に割り込んできたり、マナーの悪い人を非常に多く見かけ気分を害することが有るので、マイペースに撮ることが出来る自分だけの撮影ポイントを探すことが重要になってきます。

カメラやレンズ、アクセサリーを増やすのもカメラ趣味の幅を広げるのに重要な要素ですが、自分だけの撮影ポイントを探すことはそれを上回る財産です。ポートレイトで言えば自分専用モデルが現れたのと同じ感じでしょうか。
自力で見つけた花ポイントで撮影。更に花撮りが楽しくなります。身近なところから少しずつ無理をせず探してみてはいかがでしょうか。

と、いうことで今日から2007年がスタートしました。「デジタル花マクロ」今年一年よろしくお願いいたします。
[PR]

by alpha7d | 2007-01-01 16:01 | 花撮りニセ講座

<< 亥年も物欲 皆さんよいお年を >>