えっ!E-3が!フルサイズが!   

a0003746_1653690.jpg

ソニー α100ソニー 100mmF2.8 Macro

いや~秋の長雨が始まりましたね。
暑がりの私ですが今日は長袖を着て出勤しました。
秋のカラッとした青空の下コスモスなんぞを撮ってみたいなと今から考えています。

さてタイトルは、まぁ釣りということで意味はありません。
昨日から妙にアクセスの動きが怪しいので、遊んでみました。RSSでチェックしているヒトは少々脈が速くなったカモ。
それと最近異様に多くなってきたトラックバックスパム対策として、ココのリンクが無いとトラックバックできないようにしました。その甲斐あってTBスパム無し。効果絶倫(絶大じゃないよ)ですな。

知っての通り、噂というか雰囲気としては、E-1後継機がそろそろ発表。んでE-400も発表、12月発売とか。
で、ソニーではα-7Dの後継機種はフルサイズと、景気の良い噂が続いています。
さてE-1の受光素子はどのメーカーを使うのか、E-400の画像処理は爆速なのか、あとサイズがどのくらい小さいのか気になります。

ソニーの中級機がフルサイズという「噂」で、もしこれが本当であれば、E-1購入前に思い描いていたデジタル一眼レフの最終到達点の「ゴミ対策」「デジタル対応レンズ」「フルサイズ」を概ね達成することになります。
フォーサーズの場合はフォーサーズというフルサイズで既に上記の3点は達成しているので間違えないように。そこテストに出ますよ。
ただソニーの場合フルサイズとなっても玉が足りない。そうレンズラインナップの充実も一緒に行わないと片手落ちになってしまいますね。

ちょっと気になる点として、もし中級機がフルサイズとなれば、16-80mmF3.5-4.5という実売8万円ほどするAPS-C対応レンズは、α100といったエントリークラスのユーザーが使うことになるのか、ちょっと疑問に思えました。

オッサンとしては、ソニーの中級機はフルサイズで価格もα-7D発売当初のプライスを維持して欲しいなと思ったのであります。

a0003746_17352074.jpg

a0003746_17353410.jpg
ソニー α100ソニー 100mmF2.8 Macro
上の写真はα100内蔵フラッシュを使ったマクロ撮りです。
全く調整を行わず、オートのまま撮ってみました。PCで若干の後処理を行いましたが、意外なまでに良く写ります。
フラッシュ特有の光の堅さはあるものの、ディフューザなんぞを使えばもっと柔らかな光に落ち着くはず。α100の内蔵フラッシュ使えますぞ。
[PR]

by alpha7d | 2006-09-13 17:47 | ソニーα

<< 今日は14日、発表の日!? 彼岸花が咲いていました >>