ニコンD80国内発表   

a0003746_1643684.jpg

ソニー α100ソニー 100mmF2.8 Macro

本家ニコンは重すぎてつながらない状態ですが、こことかそこで詳細を知ることが出来ました。
で、3時半過ぎから見えるようになりましたが、これだけでも注目の高さをうかがい知ることが出来るのか、サーバーがアレなのかは定かではありません。アレ?また見られなくなった。

なんというか売れてる企業の底力と申しましょうか、スペックだけを見てみるとなかなか良い具合に仕上げてますなという印象を受けます。
発売は9月1日、店頭予想価格は12万円ほど。D200などは15万円台から入手できますからミドルクラス層が厚くなりますな。
D70発売からずいぶん月日が経っている感じがしますが、まだ2年半。1年後登場のD70sから1年半。ちなみにE-1は2003年の10月で更にアレですが。
まぁ文句の付けようがないスペックですが、実写がどうなのかチト気になったりしました。

で同時登場の18-135mmよりも気になる70-300mmズーム。
竹クラスの望遠ズームED70-300mmF4-5.6Dが、長らくラインナップされていたのでそろそろ新型でも出ないのかなと他人事ながら思っていましたが、後継が登場したようで何よりです。
最短撮影距離は1.5mと普通。重さは745gとそれなりで円形絞り採用、ブレンビー付きで価格は81,900円。

今月19日の雑誌はα100とD80対決ですな。
エントリークラスのα100とミドルクラスのD80を戦わせてもクラスが違うだろうと言いたいところ。α100は噛ませ犬になるでしょうか?

9月下旬から始まるフォトキナに向けて各社新製品ラッシュが続きそうで、各ユーザーの悲喜交々とした人間ドラマを見ることが出来そうです。
[PR]

by alpha7d | 2006-08-09 16:06 | デジタルカメラ関連

<< フォトキナ2006にオリンパス... ニコンD80発表 >>