α100購入から一週間経ちました   

a0003746_1685992.jpg

a0003746_1691080.jpg

a0003746_1692686.jpg


雨ばかりで稼働率が低いものの入手にして既に一週間経ちました。α100の事がだいたい分かった気になったのでデジタルARENAのレビュー記事っぽい感じで、今日もしつこくα100をレポート。

機能:10点
エントリー機ということを考えれば全く不満は無いほどの多機能ぶり。
アンチダスト機能、ボディ内手ぶれ補正機能(SuperSteadyShot、アンチシェイクじゃないよ)、1,000万画素等々。
カメラ雑誌でエントリー機同士の比較でなく、中級機との比較になるのは当然の話。
AFも正確で速くなり、露出、ホワイトバランスとも完成度が高くなってきました。

画質:7点
マイナス点として、高感度撮影でのノイズ。
彩度を落としてラチチュードが広がった感はあるものの、撮った絵の中にたまに顔を覗かせるコンデジっぽい絵がチラホラ。
欲を言えばα-7Dの時のようにハッとさせる妖艶な絵が撮れ、かつラチチュードが広がり、飽和しない絵が撮れればいいなと思ったりします。
で、結局一番の問題はやっぱり高感度撮影時のノイズでしょ。α100唯一のアキレス腱って感じ。
高感度撮影流行の昨今。やはり高感度撮影でもOKなところが欲しいですね。

操作性:8点
エントリー機として考えてこの点数。中級機だったら4点。
少々苦言を呈したいのはAELボタン、露出補正ボタンの位置・サイズが芸が無く使いやすいとは思えないところ。
あとAFセレクターボタン(SONYで言うところの十時キー)の操作性が相変わらずダメ。斜めのAFを選択しづらい。
あとエントリー機だからといって後ダイヤルを省くのって、どうなんでしょう。
今後発売されるであろう、中級・高級機との操作性を統一させる意味から操作性は犠牲にして欲しくないです。

デザイン:10点
嫌みが無く、安っぽくないから満点でイイじゃないかなと思ったりする。
ソニーらしさなんていらねぇよ。エイリアンみたいな形のカメラにした方がイイって事か?だいたいCFをカメラにセットするとき裏面を手前にしてセットする時点でKMのカメラってそりゃ分かるだろうに。ソニーらしさは次の機種からですよ。ソニーらしいカメラ・・・なんとなく怖い。

価格:9点
やはりレンズキット込みで10万円切れればいいなと思ったりした。
俺的にこのカメラの価格を決めるとしたら80,000円が妥当な感じ。別に根拠も意図も何も無いけど何となく。

a0003746_1695912.jpg総合:9点
全くもって死角のないカメラだけど、やっぱり弁慶の泣き所が有ったりするのが気になったりします。
欠点の無いカメラなんて無いから、ああだこうだ言うのもナニですが気になるのはやっぱり高感度ノイズの件。
これさえクリアーすれば攻めどころがない難攻不落な凄まじさ。

個人的な意見としては、縦位置グリップが無い(俺だけか?)のが一番堪えます。嗚呼縦位置グリップは偉かった・・・
7クラス登場まで気長に待つこととします
[PR]

by alpha7d | 2006-07-27 16:11 | ソニーα100レポート

<< 視線 今日もしつこくソニーα100レポート >>