シリコンディスク   

a0003746_13183393.jpg

a0003746_13184183.jpg

a0003746_13184968.jpg

オリンパス E-1ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro

ゼロスピンドルPC「VAIO typeU」が話題の昨今ですが、実はオッサンもメモリをHDD代わりに使っていた時期がありました。それは遡ること10年以上前のPC9801時代でした。

a0003746_13295235.jpg


当時会社のデータベース処理を少しでも高速化したいという、単純な理由で購入したのですが。今考えてみると相当贅沢なことをしていました。
このシリコンディスクは80M1台で定価450,000円。2台だから定価で900,000円!

3年ほど使った記憶があるのですが、バックアップ用バッテリーがヘタってきたので通常のHDDに戻ってみると速度の違いが分からないというか、逆にHDDの方が速いんじゃないかなと思った記憶があります。

それ以降シリコンディスクを使用することなく今日に至っていますが、いまでもこんな製品を見てしまうと悪い虫がムクムクと起きだしてしまいそうですが、稟議書作成を考えると一気に迷いは吹き飛んでしまいます。

やはり一点豪華主義よりも、少しずつパーツのスペックアップをしていった方が使用環境の改善につながるのではないかなと思っているわけです。
3万円ほどまでのパーツであれば稟議突破率は高いから。

ちなみに私が使っているPCは会社・自宅を含め全て自作PCだけ。
来年Windows Vista登場をねらって、消費電力、発熱の少ないパーツを中心に地球に優しく財布に厳しいPCでも組み立てたいなと思う今日この頃。
とりあえず、ケースと電源はゲッチュ。

それにしてもADSLモデムの調子が悪い。ルータはビンビンだけど。
[PR]

by alpha7d | 2006-07-08 14:32 | オリンパス E-1

<< 自動トーン補正 vs D-ライ... 今年初めての蓮 >>