百円ショップで買った撮影道具   

a0003746_1655967.jpg小物ポーチですが、これにカメラ清掃用品を入れて使います。
カメラバックを複数持っているので、この中に入れておけばバックを変えるたびに、カンタンに入れ替えが可能。
ブロアーとか小型のしか入らないけど、撮影中はせいぜい汚れを落とす程度なので必要最小限度で十分OK。

やはりブロアーはエツミのジャイアントブロア-が最強。
ちなみに、子供に囓られボロボロ状態です。


a0003746_16132193.jpgマクロ撮りの必須アイテム「ひざ当て」。
これが無いと膝が汚れたり、傷を付けたりと大変。
2個で1組ですで百円ですから安いモノです。
短時間の撮影なら使っていても苦になりませんが、長時間の撮影ともなると形が平らなため使っていく間にズレてしまい、イチイチ位置を直したりとストレスが溜まります。


a0003746_16185154.jpgちなみにこちらは百円ショップでなく、園芸ショップで購入したモノ。
価格は約500円。
膝の形で曲線があり、ズレますがズレ幅も狭く百円ショップほどのストレスは感じません。
ただ色が青なので目立つのが難点ですね。
銀一から同様の商品がありますが大げさすぎるので、この程度のクラスで十分です。


a0003746_16214913.jpgCDケースをフィルターケースとして活用している方は多いですね。
このケースは柔らかいのでスペースを取らず、バックの収まりが良いです。
硬いケースだとバックに入れるスペースが割かれてしまいます。
割れたりしないか心配になるでしょうが、置く場所さえ配慮すれば案外割れません。気になる方は両端にホントのCDでも入れれば安全ね。


また百円ショップで変える撮影道具の続きでも掲載したいと思います。
[PR]

by alpha7d | 2006-05-10 16:27 | 今日の一枚・日記

<< 苔とキノコ ソニン デジタル一眼への期待 >>