最強のブツ撮りカメラ   

a0003746_15144243.jpg

私はオークションなど出品するとき、COOLPIX 4500でブツ撮りするケースが非常に多いです。
コンデジ特有の深い被写界深度により商品の全体をぼかさず撮れ、昨今のコンデジが吐き出す粉っぽい絵とは大違いで、綺麗に写し撮ることが出来ます。

a0003746_15274641.jpg2002年の6月に発売されたあと即購入し3年ほど使いましたが、このカメラはなかなか手放せません。
COOLPIX4500の直系というか、正式な後継機が登場していない現在、このカメラを使い続けるしかテがないのが実情です。

起動が遅く、ピント合わせも遅く、使い勝手が良いとはいえませんが、ブツ撮り専用のカメラと考えた場合非常に完成度の高いカメラに早変わり。
露出傾向は非常に素直で分かりやすく、WBも暴走することなく、アオリ機能も有り抜かりはありません。

COOLPIX 4500で撮った作例ですが、上の写真は初代トリッパーで発売当日に購入しました。
今、復刻版が安く販売されていますが、当時は3万円近い値段がしたように記憶しています。
買った理由は2002年末、海外旅行をする予定だったため発売日、旅行前と2台調達しました。
今はバッテリーがヘタっているので、外部ストレージとして会社<->自宅のデータ運び専用となっています。
このテの商品でバッテリー交換が自分で出来ないという段階で失格だよなと思ったりしています。

さて、COOLPIX4500でブツ撮りする方法としては、フラッシュ未使用の室内光・自然光撮影で撮影をしています。
このカメラが使いやすい理由として、昨今のコンデジはマクロ域が広角端と激しく使いづらい位置にありますが、マクロ域がズームのミドルポジションと撮りやすい位置であるからです。

ただ広角域では周辺光量の低下が目立つので注意が必要。
こんなブツ撮り最強のコンデジ一台いっとく?
[PR]

by alpha7d | 2005-11-15 15:58 | 今日の一枚・日記

<< 撮り手の気持ちをダイレクトに伝... レフ板を使ってみると >>