雨に濡れてもOK牧場   

a0003746_923994.jpg


朝起きると雨音が聞こえました。
雨が降ると撮影が億劫になります。特に梅雨の時期は撮影する意欲が一気に落ちます。
なぜならカメラは雨に弱く、雨対策を施すなど面倒な手続きが必要だし、雨に濡れて故障しないか心配だからです。

ですが、今私は防塵棒滴のカメラE-1とズイコーデジタルレンズを持っています。
そんな心配は一切不要です。
庭の花を見てみると、水滴に飾られた美しい姿を見せてくれます。

雨が降りしきる中、出勤前の10分ほど庭で写真を撮りました。
ファンダーが曇り、ファインダーを拭きながら悪戦苦闘の撮影でした。
ただファインダー越しに映る花の表情は、そんな撮影の大変さを一気に忘れさせてくれます。

雨の日はレンズに水滴が付くのでフードが必要なのですが、フードはあいにく除湿庫に有り、除湿庫でゴソゴソすると嫁さんに気づかれ、出勤前に写真を撮るなと、さんざん怒られるのでフード無しで隠れてパシャ!

E-1購入当初はカメラを雨にさらすこと自体恐怖を感じ、シャワーキャップをボディに被せて撮ったりしていました。
何度か雨天での撮影を繰り返すにつれE-1の防滴性能を信用でき、今では雨晒しでも平気になってきました。

どんな天候にも負けないカメラは心強い。
これから梅雨に向かいますが、E-1という強力な相棒とともに雨の撮影を楽しみたいものです。
[PR]

by alpha7d | 2005-05-31 09:49 | オリンパス E-1

<< 雨の降る日に 釣鐘草 >>