ヒマラヤトキワサンザシ   

a0003746_15563876.jpg

オリンパス E-1 ズイコーデジタル ED50mmF2.0 マクロ

今回は全体のトーンを抑え柔らかく撮りたいために逆光で撮り、抑え気味の背景を選び、点光源を取り入れてみました。
太陽を背に(順光)撮ると全く違う印象の絵になります。
同じ被写体を撮る時でも、光線状態の違う写真を撮ると面白い発見があるはずです。

ただ順光などで撮る時、赤い実の表面がテカり白飛びなどしてしまう時PLフィルターを使い、テカリを抑えますが不自然な絵になることもあります。あまりPLフィルターの乱用は控えたいですな。

たぶん多くの方はテカリ、コントラストを上げるためにPLフィルターを使えと本・プロ・先輩諸氏に教えてもらっているでしょうが、白飛びも表現の一部に取り入れるぐらいの器量で写真に取り組んでもらいたいですね。
既成概念に縛られると、表現の幅も狭まり、面白くないですね。写真がどんどんつまらなくなってしまいます。

昨日α-7Dをキャンセルしたと書いたのは、年内に届かない様なのでキャンセルしたという意味です。

で、色々調べているのですが、どのメーカーも「帯に短し襷(たすき)に長し」といったところですね。一番バラスがとれているのがオリンパスだったりします。
で思案した結果あのメーカーのアレを買うことにしました。
そのうち一気に発表します。タイトル変更を含めて。
しばらくお待ち下さい。
もしかしたら年明けになるもしれませんが。
[PR]

by alpha7d | 2004-12-15 16:11 | 今日の一枚・日記

<< さぁどっち! 今後のロードマップ >>