遅ればせながらE-300と*ist DSを触ってみました。   

a0003746_19275681.jpg

オリンパス E-1 ズイコーデジタル ED50mmF2.0 マクロ

自宅のプリンターのインクが切れたのでPCショップへ行ってみました。
相変わらずインクを買い間違ってばかり、そろそろプリンターのモデル名を覚えろと俺に言いたい。車のナンバーも覚えてないし。

この店のカメラ売り場は、銭湯の番台みたいに店員さんがすぐ隣にいるので、カメラをベタベタ触ったりするのを敬遠していたのですがE-300くらいは触らなければオリンパスユーザーの名折れだということで店員の真横で触ってきました。

これがレンズセットで10万円以下とは驚きですね。
11-22mmとのペアでスナップカメラとして使ってみたいなと一瞬思いました。一瞬。

ただ、思っていたよりも大きく重いですね。横幅が凄く長い印象を受けました。
あと、セットになっているレンズは少々安っぽい感じを受けます。ピントリングがプラスチックでございますと自己主張しているようにも感じました。

少しの時間しか触ってませんでしたが、悪い印象は受けません。その大きさが気になったくらいですね。
入門機のE-300の完成度がこれほど高いと、中級クラスのE-30(仮称)の登場が凄く楽しみになりました。

で、ふと隣に目を移すと鎮座しますは*ist DS。
率直いい感じ。
触っただけでウッホ!イイカメラ。買わないか。

頭の中で、ミノルタのアングルファインダーVnは本当に流用できるのかとか、100mmマクロと本体とではいくらになるのだろう、マウントアダプターを使えばペンタックスのレンズがE-1に流用できるなと考えが巡りました。

定評のあるファインダーの様ですが、ちょっと気になったのは暗いレンズ(F5.6)ではファインダーのザラザラが妙に目立つ感じですね。ちなみに付いていたレンズは18-55mmF3.5-5.6で、テレ側で目立ちますね。

それにしてもボディが小さく質感も悪くありません。メインをオリンパス、マクロ撮影の補助として、マクロ専用システムをペンタックスと考えると恐ろしく食指が働きます。
気に入らない点として、SDメモリーカードしか使えないこと、ファインダー内の撮影情報表示がフレンドリーじゃない点と、アングルファインダーが高額なぐらいですね。

けど、E-300はローパスフィルターにゴミが付かないので面倒な掃除が不要のメンテナンスフリー初心者にはマジお勧め。
俺は*ist DSに魅了さちまったけど。
[PR]

by alpha7d | 2004-12-12 20:36 | 今日の一枚・日記

<< 今後のロードマップ エステサロンへ進入 >>