(´・ω・`)ショボーン   

a0003746_14442100.jpg

オリンパス E-1 ズイコーデジタル ED50mmF2.0 マクロ

いつもマクロレンズを使った写真ばかり撮っているとネイチャー系の写真が好きなように思われますが、撮るのは好きでも見るのはあまり興味がなかったりします。
勉強のため、ヒントを探すため、もっと違う表現を探すためにに見ることはあっても、写真集を買ったりしてみたいとも思いません。
ネイチャー系だと唯一岩合光昭デジカメ日記を購入しただけで、あとはネイチャー系の撮り方みたいなマニュアル本を買うだけです。

最近ネットでネイチャー系のアマチュアカメラマンが長年被写体を追い試行錯誤している記述を読みました。載せられている写真は妖艶な透明感のある写真で、小手先のテクニックで表現できるものではないなと感心しましたが、その写真を見て感動するよりも先に、どうやって撮るのだろうと考えてしまいます。

では、好きな写真は何かといえば人物です。ポートレイトでなく人物。
最近非常に気に入った写真を見つけました。その方はまだ駆け出しの若手カメラマンですが、写真の向こう側にいる人物の息吹や存在感を身近に感じる写真を撮り続けています。
久しぶりに、写真集も予約しました。

自分でもこの様な写真を撮りたいなと思いますが、カメラを持つと向けるのはいつもの被写体になってしまいます。
自分が追い続けている被写体とは違う被写体なので見入ってしまうのかもしれません。

余談ですが、そのカメラマンが使用しているカメラがキヤノンのデジタルカメラです。
レンズも単焦点数本にズーム1本と、高額なLレンズを振り回すということなく軽装で撮り続けています。

以前三好和義カメラマンが、ミノルタの常用レンズ24-105mmを使った写真を見て、やっぱりプロは撮り方が違うよなという感想と同時に、このレンズ買ったら同じようなのが撮れるカモ、このレンズ安いし・・・ という感情が沸き上がりました。

それと同じように、キヤノンのデジイチを買ったら若手カメラマンのような絵が撮れるカモという考えが沸々と今沸き上がっています。
そして、EOS20Dとレンズ数本を揃えた金額を見て、やっぱり買えねぇや(´・ω・`)ショボーンとしている今日このごろです。α-7D入荷のメールも来ないし・・・
[PR]

by alpha7d | 2004-12-09 14:52 | 今日の一枚・日記

<< 【伊達淳一のレンズが欲しいッ!... 或る休日 >>