プリンターが壊れました   

a0003746_15551242.jpg

OLYMPUS E-1 ZUIKO DIGITAL ED50mmF2.0 Macro

昨日実は会社で私だけが使っているエプソンのA3プリンターが壊れまして、いや壊したのでなく壊れました。

印刷していると異音がして、何々と見てみるとベルトを支える部分が見事に壊れ候。
ん~こういう時は一応修理に出さねばと、デオデオへ行ってみました。

で今回のプリンター修理は、修理期間が10日ほどで費用は1万円位とのこと。
修理の部品はまだ有るらしく修理できるというのがエプソンはスゴイという反面「いつまでも古いのを使わせるなよエプソン!」という感情が胃液と共にこみ上げ、酸っぱい心情になったそうな。

何年使わせるんだよ!
綺麗に印刷できないし、CD-Rに印刷できないから自腹でA4プリンター買って、会社で仕事に使ってるんだよ!


さて、プリンターが自分の寿命を決める事はなく、人間様が決めるというのは古よりの美しい伝統。
「部品が無いので修理できまへん」「修理費用がかかりすぎるので新しいのを買っちゃえ」という以外、買い換えのタイミングはとても難しいもので御座います。
古いから買い換えしたいなんて言えません。

a0003746_1558438.jpg話は戻りまして、修理の手続きを終え、物欲の神に導かれる様にプリンターの売り場へ。
ふと見るとPX-G5000が置いてありました。あぁもう発売されたのか。
エプソン・プリンターの周辺には、モーニング娘。(ATOKは「。」が自動で付くんだ凄い)が写真用紙に印刷されたサンプルが置いてあった。これってヤフオクで売れないかなと考えつつ写真を集めながらPX-G5000を触ってみた。


a0003746_15582752.jpg触ってみるとどこから紙が出るんだよ的な感じ、従来のモデルとは違い排出口がプッシュしないと開かないようになったので、絶対展示してあるプリンター誰か壊しそうと、ノストラダムスが憑依した。

触っただけでは物の善し悪しは分からない。
やはり実際に使ってみなければその良さは分からないものです。
修理から戻ってきたPM-3000Cに、今度こそ本当にこの手でトドメを・・・


そして「あ゛~修理したばっかりなのにまた壊れちゃった~ これじゃ仕事にならないヨ~ 新しいのΨ( `∀´ )Ψホッスィー」と細木和子の占いが当たる確率以上に騒ぎ立てるような予感がする。
a0003746_15585030.jpg

[PR]

by alpha7d | 2004-11-20 15:58 | 今日の一枚・日記

<< 風邪をひいてしまいました 今日発売日か・・・ >>