キリンさんが好きです。でも「おでん」さんの方がもーっと好きです。   

a0003746_15313112.jpg

衛生的にどうもとか、味がちょっととか言われてはいるものの底辺階層に生きる俺としては寒い時はふと買ってしまいたくなるのがコンビニのおでん。
今日異様なまでに暖かい食べ物を食べたくなり、セブンイレブンに立ち寄る。
家から持ってきた弁当のお供にインスタントラーメンはな~、ちょっとボリューム有りすぎと考えつつおでんの前に行き立ち止まる。

メニューをチラッと見ると、新製品「焼きつくね串」が有った。どうしようか考えあぐねるとキラッと店員の目が光った。
すかさず俺に一言「お入れいたしましょうか」と先制パンチを食らわせる。
さすが貧困階級の俺とはいえ、「いえ結構です」という勇気は、「オバケのQ太郎」の髪の毛ほどもなかった。
「あぁハイ」「小さい入れ物で」と三十過ぎたオッサンが、うら若い女性アルバイト店員に嘆願した。

定番のタマゴと新製品「焼きつくね串」を購入。薄汚れた小銭を渡し、コンビニおでんのエルサレムであるセブンイレブンジャパンを後にした。

事務所に戻るとちょうど12時。冷めた弁当を明け、おでんのふたを開けた。
ふと思った。今年のおでんの蓋って「出川哲朗」みたいに「ウッチャンナンチャン」にへばり付いているように強まってないか?ちょっと傾けてもこぼれない。

さすがコンビニ界の大山倍達セブンイレブンジャパン。
ジャパン名物おでんの汁がこぼれ途方に暮れているジャパニーズに対応したジャパンオリジナルなジャパンおでんの入れ物をジャパニーズに提供している。実証がなければ証明ができない。証明がなければ信用されない。信用がないと尊敬されない的な改良をしてるみたいだ。

早速コレステローラーの方には遠慮気味な「味わいたまご」からパクついてみる。
感想、熱いたまごだ。
次に、おでんのニューカマー「焼きつくね串」を口に入れてみる。
感想、ふんわりとした食感。「つくね」というとクセのあるのモノもあるが、クセもなく意外と
(゚д゚)ウマー

明日はローソンにでもしようか。それとシーフードシチューまんも試してみたい。あと華氏911の発売日だ。
[PR]

by alpha7d | 2004-11-11 15:34 | 今日の一枚・日記

<< ライフログを付けてみました。 α-7D品薄か? >>