ズイコーデジタルED 7-14mm F4.0   

a0003746_16315310.jpg超広角2倍ズームレンズ「ズイコーデジタルED 7-14mm F4.0」の発売について


昨日の発表で一番惹かれた製品がこれ。多分高額になるのでしょうが是非購入したいと思わせてくれます。
35mm換算で14mmから28mm。デジタル一眼レフ用ズームレンズとしては最も大きな画角。フォーサーズは広角はどうかなという不安も払拭されました。
これだけでもミノルタからシステム移行できるというものです。しないけど。

テレ側が28mmですが、標準ズームとの画角のつながりも良いですから35mmまでは不要でしょう。
レンズ先端から10cmの被写体が撮れる!花撮り野郎には春から新たな写真表現が出来るカモと妄想させてくれるレンズです。

ちょっと気になったのは、レンズの前玉が突出している事。シグマの12-24mmみたいにフード固定で、レンズ前面にフィルター装着出来ないのか分かりませんが、もしそれでも十分魅力のあるレンズだと思っております。
[PR]

by alpha7d | 2004-09-29 16:30 | 今日の一枚・日記

<< α-7Dの標準ズームレンズ?登場 E-300について考えてみる >>